読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

制服って。

懐かしき
セーラー服の白いリボン
我が子に結ぶ
今日はハレ晴れ

f:id:tamie7575:20170410204341j:image

少し大きいその制服が似合う頃
もう次の旅立ちの日だろう

f:id:tamie7575:20170410204408j:image

 『制服』民生

 

 

今年4月

むすめは中学校に入学しました。

 

少しバタバタとしてしまって

入学式の時に撮った写真と

その時に詠んだ短歌を今さらながら…。

 

 

制服って

聞くとどんなことを思い出しますか?

 

私はこの歌…。

youtu.be

 

制服の胸のボタンを~♪

今でも歌えてしまう自分。

 

懐かしい~ という方もいらっしゃってほしい。。。

 

 

ところで

先日

弘前では桜が満開になったと聞きました。

 

桜前線はいよいよ北海道に上陸!

というところ。

 

そう、北海道って毎年

GWぐらいがお花見シーズンなのですよね。

 

その頃になっても

夜にはダウンを着たいぐらいの寒い日もあったり。

 

そんな長い冬を終えると

北海道は草木が一斉に芽吹いて

花々が一気に咲き誇る

爽やかで過ごしやすい時期に突入です。

 

f:id:tamie7575:20170424081256p:image

 

我が家もむすめの入学で

少し生活パターンも変わってきました。

 

毎朝

真新しい制服に身を包んで

元気に出かけている姿を見るだけで

 

懐かしい気持ちになったり

私も頑張らなくちゃなと思ったり。

 

制服って

自分が着ていたときには窮屈だったけど

 

そのある時期のひとつの象徴のような

そんな存在だったりしますよね。

 

自分のむすめが

自分と同じ制服を着るとなると尚更。

 

学校の制服を着ている時間は

実は人生の中ではごく限られた時間。

 

その限られた時間は

大人にも等しいものであるはずなのに

ついつい忘れてしまいがち。

 

「なーんかこの感じ」が

ずっと続く気がしたりして。

 

でも制服を着ていたときみたいに

その時その時を精一杯生きるってこと

 

忘れないようにしたいと

そんなふうに思ったり。

 

制服って

ちょっとノスタルジックな気持ちにも

させてくれました。

 

そして

制服って

私もがんばろ、っていう

また新しい気持ちも思い出させてくれました。

 

ではでは

今週もがんばって

(時にはがんばりすぎず…笑)

いきましょう。

 

今日も読んでくださって

ありがとうございました。

f:id:tamie7575:20170424081907p:image

 

  

お題「制服」

お題「桜」