三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

500色の色えんぴつって。

どの色が好き?と聞いたのほんとうは私のことが好き?と聞いたの

f:id:tamie7575:20170401193901j:image

▲どの色が好きですか?

 

 

今日から4月ですね。

 

私の住んでいるところは

朝から雨

まるで冬のような寒さでした。

 

それでもこれは恵みの雨。

 

きっと雨が上がったら

また一段と草木が芽吹いたり

桜のつぼみがどんどん膨らんだりするんでしょう。

 

 

先日、小学校を卒業したむすめ

いよいよ中学校へ進学です。

 

将来はイラストを描いたりする仕事がしたいななんて

前から言っているのですが

 

そんなむすめに

ずっと使わずに取ってあった

 

まさにとっておきの文房具である

500色の色えんぴつを譲ることにしました。

 

この色鉛筆

フェリシモという通販の会社が発売していたものなんですが

 

www.felissimo.co.jp

 

はじめての発売が1992年

コロンブスのアメリカ大陸発見500周年の年だったそうです。

 

そして、今回、むすめに譲ったのは2009年発売のもの。

以降、追加生産などがされて

 

今年

2017年2月からまた新しいシリーズ

500色の色えんぴつが発売されました。

www.felissimo.co.jp

 

新しいシリーズは1回に20色

25ヶ月で500色揃うというもの。

 

今回ご紹介のものは

25色がひと箱に収められていて毎月ひと箱ずつ

f:id:tamie7575:20170401220428p:image f:id:tamie7575:20170401220439p:image f:id:tamie7575:20170401220540p:image

20ヶ月かかって集めたものです。

 

この色えんぴつ

何がすごいって

 

500色という色の数もさることながら

その色の名前がすごいんです!!

 

むすめが

ひと箱ひと箱開けながら

 

「この色好き~!」「これいい~!」

などと興奮する横で私もしみじみと眺めると…。

 

こんなにきれいな色がいっぱいあるんだな

こんなにうつくしい名前がいっぱいあるんだな

 

ううぅぅ~ん。。。

もう ことばにならない。

 

ひとつひとつご紹介したいところですが

今回は

 

写真を撮りながら

「おぉ!」「これ好き!」

と、ちょっと気になった色の名前をご紹介です。

 

たぶん、そのときの自分の心の状態や気分で

好きだなと思う色や色の名前は変わってくると思うんですよね。

 

ではでは

どうぞお付き合いください。

 

f:id:tamie7575:20170401193920j:image

▲淡い色の箱。

「海辺で拾った桜貝」「キンセンカの咲く頃」とか。

 

f:id:tamie7575:20170401193928j:image

▲茶系の箱は美味しそうな匂いがしてきそう。

「浅草の手焼きせんべい」「ピーナツバター」とか。

むすめは思わず匂いを嗅いで「匂いしない。」と言う。

 

f:id:tamie7575:20170401193936j:image

▲「夕暮れのグランドキャニオン」「ポケットいっぱいのキャラメル」とか。

 

f:id:tamie7575:20170401193944j:image

▲「お母さんのおしるこ」「ほかほかの石焼き芋」とか。

 

f:id:tamie7575:20170401193957j:image

▲「宇治の茶団子」「四つ葉のクローバー」「幸運の茶柱」とか。

 

f:id:tamie7575:20170401194005j:image

▲ちょっとうきうきしちゃうパステル系の緑も。

「ベランダのセキセイインコ」「下校途中の猫じゃらし」とか。

 

f:id:tamie7575:20170401194013j:image

▲水色、青などと言えない微妙な色合い。

「カフェロワイヤルの炎」「天馬の駆ける空」とか。

 

f:id:tamie7575:20170401194020j:image

▲深い青も。

「朝日を浴びるなすび」「ナイチンゲールの歌声」とか。

 

f:id:tamie7575:20170401194028j:image

▲紫系もこんなにたくさん。

「ため息のベール」「夕暮れの雪景色」とか。

 

f:id:tamie7575:20170401194038j:image

▲この箱も大好き。

ニッポニア・ニッポン」「南アフリカのフラミンゴ」とか。

 

f:id:tamie7575:20170401194045j:image

▲「長谷寺の牡丹」「マドリッドのサングリア」とか。

 

f:id:tamie7575:20170401194052j:image

▲本当はもう少し赤っぽい色。

「潮風にそよぐハマナス」「風にふくらむ合歓の花」とか。

 

f:id:tamie7575:20170401194100j:image

▲メタリック系の色もあります。

金閣寺」「高野山の肝だめし」「夜明けを待つロンドン塔」とか。

 

いかがでしたか?

気になる色ってありましたか?

 

▼今回、ご紹介しきれなかった500色の色の名前はこちらから。

www.felissimo.co.jp

 

新しいシリーズ

また新しい名前が付いているようです。

 

どんな色の名前なのか

ちょっと気になりますね。

 

f:id:tamie7575:20170401193842j:image

▲「夏の終わりの20世紀梨」!!

 

この世界には

この500色よりもっともっと

いろんな色があるんですよね。

 

今まで見てきたいろんな色が

ほんとうはとてもきれいだったこと

 

忘れていた色が

ほんとうはとても懐かしかったこと

 

見たこともないけど想像が膨らむ

ほんとうはそんな色がまだまだあること

 

500色の色えんぴつって

そんなことを思い起こさせてくれました。

 

そしてたくさんの色の名前から

普段ことばで表現できない想いを垣間見た

 

そんな気もします。

 

この500色にはない色が

まだまだこの世界にはあるということは

 

ことばにできない世界

きっとまだまだあるってこと。

 

ずっと使えなかったこの色えんぴつ。

 

わくわくしながら

ドキドキしながら

むすめにはたくさん使ってほしいなと思います。

 

私もたまに使わせてもらおうっと。

 

ではでは

今日はこの辺で。

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました。

 

f:id:tamie7575:20170401194110j:image

朝になるところと夜になるところ君が好きだというグラデーション

 

 お題「お気に入りの文房具」

お題「この色が好き」

 

▼むすめのらくがき大好きなお話はこちら。

tamie7575.hatenablog.com