読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

渡るって。

ぼんやりと川を眺めているだけで
鵲(かささぎ)が渡す 君との距離を

f:id:tamie7575:20170308195421p:image

 

今日は

川をたくさん渡りました。

 

でも

今まで意識していなかっただけで

何の気なしに

川って

渡っちゃっていた気がします。

 

f:id:tamie7575:20170308195435p:image

 

昔は橋がないところでは

舟で渡してもらっていたことも

多かったようですね。

 

以前、東海道五十三次のことを書いた時に

六郷川(今の多摩川)を舟で渡す「六郷渡し」とか

浜名湖の近くの「荒井」というところの渡し舟があるのを知りました。

永谷園のおまけのカードで。)

 

電車や車だと

あっという間に渡ってしまう川も

舟でゆっくり渡ると

時間の流れが違っていたでしょうね。

 

今日の川は

少しそんな遠い昔の

 

渡るってことを

思い起こさせてくれました。

 

f:id:tamie7575:20170308195456p:image

鵲の 渡せる橋に おく霜の
白きを見れば 夜ぞ更けにける

   大伴家持小倉百人一首6番)

 

youtu.be

 

お題「今日の出来事」