読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

手ぬぐいって。

短歌 日々のこと
 てをぬぐう だけではなくて あせもふき
  なみだもふくよ だから泣いてよ

 f:id:tamie7575:20170214120226p:image

⤴︎手ぬぐいコレクション。まだある。

 

手ぬぐいが好きです。

 

愛用というよりむしろ

コレクションに近いんですが

 

私の中では全然集まっている感じはしないので

愛用しているものとして。

 

本当にいろいろな柄があって

どれもこれも素敵で

かわいいものからカッコイイもの

粋なものコラボ商品などなど

 

物欲は止まりません…。

 

手ぬぐいって

 

昔から

今でいうタオルやハンカチ、台拭きや雑巾などとして

日本の生活で欠かせないもの。

 

昔、習っていた剣道で面(頭に被っているやつ)を被る前に

頭を覆って巻くのにも使っていました。

頭の防護と汗を吸いとるのとを兼ねていたのかなと思ったり。

 

f:id:tamie7575:20170214193113p:image

 ⤴︎お弁当包みに使っています。

 

とにかく

手ぬぐいが好きなんです!!

 

何が好きって?

 

まずは

手触り

 

手ぬぐいって


和晒(わざらし)というしっかりと時間をかけて織られた生地が使われています。

一方、ハンカチなどは洋晒(ようざらし)といって

つるっとしてサラッとした生地です。

 

ハンカチのようなサラッとした綿の生地も好きなのですが

 

手ぬぐいって

 

使い込むほどふんわり柔らかになっていくんですよね。

そこが好きなところの一つです。

 

f:id:tamie7575:20170217151002p:image

⤴︎長細い手ぬぐいもこんな風に。

 

それから

何といってもいろいろな柄

 

見ていて楽しくてしあわせな気持ちになります。

 

f:id:tamie7575:20170214120700p:image

⤴︎にじゆら。東京限定。そば猪口。よく見るとレインボーブリッジが。

 

最近は

その柄がまるでアートのような

飾って楽しむ手ぬぐいもたくさん出ています。

 

季節に合わせて飾る手ぬぐいを変えるだけでも

簡単にお部屋のイメージを変えることもできます。

 

f:id:tamie7575:20170214120735p:image

⤴︎盆栽美術館の青龍という盆栽。かまわぬ。

 

f:id:tamie7575:20170214120753p:image

⤴︎染の安坊。プレゼント企画でもらいました。

 

f:id:tamie7575:20170214120805p:image

⤴︎『ちはやふる』×にじゆらコラボ。よく見るとダディベアとスノー丸。

 

額に入れなくても

かわいい柄のものはティッシュケースやブックカバーなどにも。

 

f:id:tamie7575:20170214120821p:image

⤴︎手作りブックカバー。

 

f:id:tamie7575:20170214120842p:image

⤴︎端は切りっぱなしが早く乾いて衛生的。濱文様の山登り柄。

 

それから

切りっぱなしが好き。

 

手ぬぐいの端がほつれているのが気になる、

という人もいるようです。

 

でもその切りっぱなし

昔はぐるぐる巻いてあった長い布地を

用途に合わせて切り売りしていたからだそうです。

 

そして

端が切りっぱなしの方が

すぐに乾いて衛生的とか。

 

使い始めはほつれてきても

ある程度(1cmいかないくらい) で止まります。

 

それは手ぬぐいに使われている和晒が

ふんわり感を保ちながらも

しっかりと織られているからなんですよね。

 

その

ほつれるけれどもほつれなくなる!

そこにも手ぬぐいの魅力があると思っています。

 

f:id:tamie7575:20170214121136p:image

⤴︎気になるときはちくちくしても。

 

f:id:tamie7575:20170214120900p:image

⤴︎岩手・花巻のお土産。宮沢賢治手ぬぐい。

 

それからそれから

手ぬぐいって

 

お土産にも最適!!

 

なんといっても旅先での思い出

一枚の布におさめられているんですよ!

 

その一枚を見るだけで

たくさんのことが思い出せます。

 

そして

お土産に買って帰っても

カバンの中でかさばらない!!

 

なので

どこかへ旅に出ると

ついつい手ぬぐいを買ってしまいます。

 

f:id:tamie7575:20170214120918p:image

⤴︎鳥取土産。水木しげる先生の。

 

f:id:tamie7575:20170214120934p:image

⤴︎お台場ガンダムフロントのお土産。

 

f:id:tamie7575:20170214120946p:image

⤴︎鉄道博物館のお土産。

 

 

f:id:tamie7575:20170214120959p:image

⤴︎『コミックビーム』の付録。弟からもらう。

 

そして

手ぬぐいって

 

付録にもあるんです。

 

これはもう手ぬぐい好きとしては

見逃せない!

 

もうどこにも売ってない特別感!

 

サイコー!!

 

f:id:tamie7575:20170214121011p:image

⤴︎釣り雑誌『渓流』の付録。父からもらう。

 

 

というわけで

大好きな手ぬぐい。

 

手ぬぐいって

 

使えるし

飾れるし

お土産にもなるし

 

いいですよ。

 

f:id:tamie7575:20170214121028p:image

⤴︎かまわぬ。大好きな金魚柄。注染のぼかしがいい感じ。

 

f:id:tamie7575:20170214121048p:image

⤴︎濱文様。手ぬぐいハンカチ。

 

f:id:tamie7575:20170214121114p:image

⤴︎上野土産。所々顔がちがう。

 

f:id:tamie7575:20170214121156p:image

⤴︎国立科学博物館で催された深海生物のお土産。

 

f:id:tamie7575:20170217144951p:image

⤴︎日本最古の綿布商!お土産にいただきました。限定とかうれしー!!

 

f:id:tamie7575:20170219140038p:image

この記事に出てきたお気に入りの手ぬぐい専門店はこちらなど▼

www.kamawanu.co.jp

www.nijiyura.jp

www.grap.co.jp

www.hamamonyo.jp

 

f:id:tamie7575:20170217151049p:image

たくさんのイロトリドリの手ぬぐいに
 めぐる季節を重ね合わせて

 

 

お題「愛用しているもの」