三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

裸足って。

夕凪の砂丘を歩くまだぬるい砂を裸足でたしかめながら

f:id:tamie7575:20170212081328p:image

 

裸足って

気持ちいいですよね。

 

夏生まれだからか

裸足が好きです。

 

 

でも…

冬はしもやけができるんです。

 

女性によく聞く

末端冷え性ってやつなんだと思うんですが

 

子どもの頃からずっとしもやけになりやすくて

 

昔、剣道をやっていたけれど

辞めた理由の一つに

 

しもやけが痛いから。

 

というのがありました。

 

今では暖房の効いた体育館

というのも増えたようですが

 

私が子どもの頃は昭和。

 

稽古場にはもちろん暖房などなく

冬でも裸足

 

しもやけのツラさは

どうしても避けられなかったのです。

 

ほんと、今では続けていたらよかったなぁ

と思うこともあるけれど

 

これは凍傷では?

と思うくらいひどいしもやけで

 

赤く腫れるぐらいならまだマシ

紫になってそのうちあかぎれと混ざって

ぐちゅぐちゅになったりしてて

 

今、自分の子どもがそんなだったら

ちょっと可哀想だなぁと思うくらいのものでした。

 

なので

長年、冬は裸足になれるものではなく

裸足で過ごせる夏が

とても恋しかったりします。

 

f:id:tamie7575:20170212085249p:image

⤴︎水木しげるロード

 

そんな冷え性などは私だけの悩みではなく

冷えとり靴下」なるものも少し前には流行っていたりしました。

(今も?)

 

この冷えとり靴下というのは

多いと4~5枚の靴下を重ね履きするというもの。

 

絹や麻、ウールなどの天然素材のもので

足周辺をあたためて、毒出しの効果をねらう、というもののようです。

 

毒出し?

 

疑問に思ったあなた。

そう、なんだか身体の中の毒を排出するらしいんですよ。

 

足裏・足首周りには内臓に関係するツボがたくさんあって

   ↓

靴下を履いてその周辺をあたためることで

   ↓

内臓の働きをよくする

   ↓

内臓に溜まっていた毒素を排出する

   ↓

静脈を通って身体の末端へ流れ

足裏から汗となって排出される

 

とか。

 

靴下の穴のあく場所

その毒素が排出されるところだとかいう

そんな話もあるようです。

 

ただ単に靴下がキツイ、だけでも穴あきますけどね。

 

 

でも、

その冷えとり靴下

逆にデメリットもあるようで…

 

実はその靴下が「冷え性」を招くとか。

 

え?!

そうなの?!

 

そうみたいな気がします。

 

私個人の感想としては(あくまでも個人的な感想です)

 

靴下を履くことで汗をかいて(それは毒出しなのかもしれないけれど)

その湿った状態が足の冷えを招いて

足から体温が奪われる

 

ような。

 

なので私は「冷えとり靴下」というのは

使っていません。

 

足の裏に汗をかくんです。すごく。

手のひらにも汗をかきます。

 

もしかしたら私だけじゃなく

末端冷え性だという方は、そういう方もいらっしゃるかも?

 

それから

 

靴下を履いて足をあたためることで

身体があたたかいと錯覚を起こして

身体本来の体温調節機能を低下させる

 

そんな考えもあるようです。

 

そして

靴下をたくさん履くことで

足本来の動き、特に足の指の動きを制限してしまい血行が悪くなる

 

とかそんなことも。

 

冷えとり靴下、

良い効果もあるようですが

ちょっとデメリットもある。みたいです。

 

 

f:id:tamie7575:20170212085258p:image

⤴︎水木しげるロード鬼太郎の下駄

 

じゃあ、裸足になる?

 

そういわれても…

やっぱり冷えちゃう身としては

冬はなかなか裸足にはなれません。

 

でも世の中には裸足信者の人たちもいて

冬でも裸足

そんな人も。

 

実は、身近なところでは

私の父も、冬でも裸足、です。

 

あ、靴を履くときは靴下履いてます。

石田純一ではないようです。

 

冬も外を歩くときは裸足にサンダル。

そんなことも多いです。

 

寒いかっていうと寒いけど

でも靴下を履かなくても大丈夫、のようなんです。

 

そして触ってみても

それほど冷えていない。

 

うちの近所の保育園でも

「はだし保育」なるものも実践されていて

 

そこの保育園に通う子どもたちは

一年中、園では裸足、

外でもミサトっ子という草履を履いて過ごしています。

 

このミサトっ子、じわじわと人気が続いているようで

大人でも履いている人を見かけることも。

(夏ですが。)

 

うちの子どもたちも2歳ぐらいから履きはじめ

少しずつ大きくなっていく草履が

子どもたちの成長のしるし

そんな時期もありました。

 

 

裸足って

健康的なイメージ。

 

裸足でいられるなら裸足でいたいけど

裸足って

そんなにいいの?

 

と思いますよね?

 

そんな裸足のメリットは

 

まず

冷え性のときにもあった「毒出し」が

スムーズに行われる

とか。

 

それから

足の裏に刺激を受けることで脳が活性化される

とか。

 

それからそれから

裸足になると足の裏周りの筋肉をたくさん使って

骨の位置が整い

足本来のアーチや弾力が回復する

そして姿勢も良くなる

とか。

 

外反母趾や巻き爪の予防にもなる

とか。

 

でもって

もともと自然な姿の裸足で大地を歩くと

大地のエネルギーを身体が受け取り活性化する

とかとか。

 

うーん。

裸足って

ほんと、健康に良さそう。

 

f:id:tamie7575:20170212163246p:image

 

でもやっぱり裸足にも

デメリットはあるようで。

 

まず、冷え過ぎた床などを裸足で歩くと

冷えて体温を奪われる!

 

そりゃそうだ。

 

しもやけになる

こともある。

 

そうでしょうね。

 

怪我をしやすい。

 

でしょうね。。。

 

靴下を履いていれば

靴を履いていれば

防げた怪我もあるでしょう。

 

というわけで

いくら裸足が健康に良いとわかっていても

やっぱり冬は冷え過ぎて、できないな…

と思ってしまった。

 

 

f:id:tamie7575:20170212085316p:image

⤴︎むすこ昭和のビーサン

 

そんな冬には裸足になれない

私のような血行不良の症状を

 

東洋医学では

瘀血(おけつ)というそうです。

 

おしりのこととはちがいます。

 

本来、身体の中を巡り巡って流れている血液が

ドロドロになったり滞ったりして

流れにくくなった状態のこと

だそうで。

 

身体全体のこともあるし

特定の部位でのみ起きることもあるとか。

 

一方、東洋医学での冷え

足や下半身が冷えて頭がのぼせている状態。

 

あたたかいものは上に

冷たいものは下に

空気や水と同じなのだそうです。

 

その循環を良くするために

「頭寒足熱」

足元をあたたかく、頭は涼しくすっきりとということが

必要なのだとか。

 

冷えとり靴下は、その辺をおさえているのでしょうね。

 

冷え瘀血

腰痛、頭痛、肩こり

女性特有のお悩み

便秘

などなど

さまざまな症状を引き起こす。

 

そうそう、つらいんですよね。

 

冷えとり靴下もダメ

裸足も冬はダメ

 

じゃ、どうしたらいいのよ?!

 

f:id:tamie7575:20170212163324p:image

⤴︎お灸も一つの方法です。

 

そんな中見つけた一つの方法。

 

手っ取り早く冷え性などを改善するには

実は、インナーマッスルを鍛えるといい!

らしいのです。

 

インナーマッスルというのは

ご存知、身体の内側にある筋肉で

 

内臓に近い!んです。

 

内臓に近い筋肉が鍛えられて

身体の内部の血流が良くなるといい

 

そういうことらしいです。

 

もちろん

私が度々書いてきた、姿勢と呼吸も整って

いいことばっかり。

 

実際、以前、続けている運動について書いたときから

まだその運動を続けている私ですが

 

続けるって。 - 三日月のうた

続けるって。其の二。 - 三日月のうた

続けるって。其の三。 - 三日月のうた

 

ランニングで5km以上走るようになって

姿勢を良くするトレーニングを続けるようになったころから

 

それまでずっと悩みの種だった頭痛に関しては

よくなっている!んです。

 

あくまでも科学的な検証というわけでなく

個人としての実感ですが

 

ここ3ヶ月ほどは

長年ずっと手放せなかった頭痛薬を

飲んでいないのです。

 

(あ、インフルエンザのときにはひどい頭痛でした。。。

 でも、頭痛薬は飲みませんでしたよ。)

 

運動が健康にいい、というのはやはりそうなんだな

というのが感想です。

 

でもでも、

やっぱりしもやけにはなってるんですよ。

 

今シーズンの冬は厳しい?

 

その他にも

冬が旬の根菜などの野菜をとる

とか

冷たいものを飲まない

とか

内臓を冷やさない工夫もやはり必要だとは思うのですが。

 

 

そんなわけで

私が裸足になるのはもうちょっと先。

 

というか

もう重ね着はいや!

寒いのはいや!

 

ただそれだけだったりして…

 

あたたかくなるまでもう少し。

 

裸足って

気持ちいいです。

 

裸足って

身体にも心にもいいらしい。

 

早く裸足になりたいな。

 

f:id:tamie7575:20170212162521p:image 

そうげんを かけぬけていく うまのように きもちいいだろう きみは はだしで

 

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました。

ではまた。

 

ミサトっ子のHPはこちら▼

xn--28jd6bt7i.jp

 

続けている運動のエントリはこちら▼

tamie7575.hatenablog.com

tamie7575.hatenablog.com

tamie7575.hatenablog.com

 

お題「くつ下」