読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

聴くって。

ことば 競技かるた 短歌
 ねぇきいて 今日あったこと 少しだけ
 それだけでただ ゆっくり眠れる

f:id:tamie7575:20170114210441p:image

 

今日は

また むすめ のかるたの大会でした。

 

今年初めての大会。

 

年末に

むすめに協力してもらって百首なんとか覚えてから

大会で勝つことの大変さを身に染みて感じていました。

 

 

以前にも書いたのですが

 

競技かるたの試合では

一試合50首の取り札が使われるのですが

詠まれるのは100首まで。

 

そう、その場にない使われない札

空札(からふだ)」も

詠まれるんです。

 

もし間違えて札に触ってしまったら 

 

「お手つき」

 

相手から一枚、謂わばペナルティーとして

札が送られます。

 

相手は自分の陣地から一枚減って

自分は一枚増えてしまうことになるので

 

二枚分差がついてしまうことになります。

 

もし「空札」ではなくても


その詠まれた札があったのと
違う陣地の札に触ってしまったら
(間違えて似たような札に触る、とか。)

 

やはり「お手つき」。

 

普通に取られた札とペナルティー分の札で

やはり二枚分の差がつくことに。

 

さらにもし、その「空札」の「お手つき」で

 

自分の陣地(自陣)と相手の陣地(敵陣)

両方の札に触ってしまったら

 

二枚の送り札をもらわなければならない

というルールもあります。

 

お手つき怖い!!ヒィッ!

 

 

決まり字を意識して
どの札がどこにあるかその都度確認して

 

札が詠まれたら瞬時に反応する。

 

それが一試合1時間半近く。

 

なんだか書いてても胸が熱くなります。

 

f:id:tamie7575:20170114211205p:image

 

そしてその試合中

一番使っていると思われる感覚が

 

聴く(聞く)ってこと。

 

聴く聞く

みなさんは違いを考えたことが

ありますか?

 

が違う

ということは

ちょっと意味も違うんです。

 

聞く は話し声や物音が

意識せずとも耳に入ってきて「きこえる」こと

 

聴く は話し声や音楽など

その音に注意を向けて意識して「きく」ことを

いうそうです。

 

 

雑踏の中で

少し離れている好きな人の話し声は聴こえる

 

そんな経験はありませんか?

 

生活の中でたくさんの音がする中

特定の音だけ注意して聴き取れるのも

 

意識するかしないか

脳の働きが関係しているようです。

 

話しかけても上の空

なんて人は

聞こえている けど 聴いてない 人。

 

 

ヒトのコミュニケーションに大切なことば。

 

その ことば を 聴く ときって

どんな過程を通っているでしょう。

 

まず

に入った

  ↓

鼓膜を震わせ

  ↓

 中耳

  ↓

内耳を伝わり

  ↓

聴神経から

  ↓

大脳に伝達されて

   ↓

音を音として捉える

(大きさ、高さ、長さ、出所など)

  ↓

ことば(聴きたい音)と

騒音など(聴きたくない音)を区別する

(その時同時にどこに注意を向けて集中すべきか?脳は働いています)

そして

  ↓

音をことばとして捉える

  ↓

ことば の意味を理解する

  ↓

ことばの意味からその人の言いたいことを理解する

 

こんな感じでしょうか。

 

かいつまんでみても

たくさんの過程を通っています。

 

この伝わる過程のどこか一部だけでも

病気や障害があれば

 

ことばとして

捉えることができないんです。

 

f:id:tamie7575:20170114211224p:image

 

競技かるたも

聴くことが大事。

 

試合中はそりゃあとっても気を使います。

 

「す」だったらその発音の

"s"の音まで意識して聴いているので

 

話し声はもちろん

ビニール袋のガサガサいう音

カメラのシャッター音

足音までたてないように

 

その一瞬の間合いに注意を払います。

 

札が取られるときはもう

その音が大脳まで到達しないで

 

直接脊髄へ電気信号が伝わる

脊髄反射で取っている

なんて言われることもありますが

 

実際のところ

どうなんでしょうね?

 

でもそのくらい速いイメージで

 

見ているこちらも

どっちが取れたか分からないぐらいの速さで

札が取られることがあります。

 

ホント、人間てまだまだやれる。

そんなふうに思ったりします。

 

 

聴くって

 

ヒトがコミュニケーションを取るためには

とっても大事。

 

聞いているんじゃなくて

 

聴いてみる

 

ちょっと意識してみるといい

かもですね。

 

ちなみに

むすめは今日、初めての4位入賞を果たしました。

 

最後の試合は負けたけど

今夜は泣かずにすむ?といいな。

 

f:id:tamie7575:20170114213443p:image 

 聞くと聴く ちょっとちがって ちょっといい
 やすらかなる音 あなたの声も

 

 

 以前の競技かるたのエントリはこちら▼

tamie7575.hatenablog.com


お題「今日の出来事」