読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

ひとりって。

ことば 短歌 季節 いきもの
 ひとりよりふたりの方が淋しいと
 言ってしまえばもう終わりかな

 

f:id:tamie7575:20170111224432p:image

 

今日は1月11日

1並びなので

 

ひとりってことについて。

 

 

私は非常勤のお仕事をさせてもらっていて

複数の職場があります。

 

ちょっと遠い職場に行くときには

帰りが遅くなるので

 

実家の母に子どもたちの留守番を

お願いしているのですが

 

今日がその日でした。

 

ちょっと遅くなるのをいい事に

ちょっとひとり時間を過ごして帰ったりもする

 

そんな日です。

(ありがとう お母さん。)

 

f:id:tamie7575:20170111224539p:image

 

そこの職場に行き始めた頃は

とにかく早く帰らなくてはと

 

電車を乗り継ぎ

少しでも早く帰ろうとしていたのですが

 

そこへ通うようになって5年近く経ち

子どもたちも大きくなったので

 

最近は

ちょっとお茶を飲んで帰るとか

ちょっと寄り道して帰るとか

 

そういうひとりの時間を過ごす

貴重な日になっています。

 

今日は気温は低めだったものの

穏やかなお天気で

 

夕方外を歩いても

寒さをそれほど感じることなく過ごせる陽気だったので

 

お散歩を。

 

昨日の記事にも書きました

少し日も延びて

 

ほんのひと時

 

仕事先の顔でもない

妻でもない母親でもない

 

そういうひとりになって過ごす時間を。

 

f:id:tamie7575:20170111224619j:image

 

なんだか鳥が逃げなくて

iPhoneで写真を何枚か。

 

以前、小鳥のことを書いたこともありますが

 

付かず離れずな鳥との距離が

なんだか心地よかったりもしました。

 

1時間にも満たないそんな時間でも

 

そういう ひとりの時間って

大事です。

 

f:id:tamie7575:20170111224718p:image

 

ひとりって

ひとりだけどひとりじゃない

 

ひとりって

寂しいときもあるけど寂しくない

 

ひとりって。

 

ひとりになって

いろんなことを考えて

たいせつな人を思い出して

自分のことを見つめ直す。

 

ひとりになることで

また明日からがんばれる

 

そう思います。

 

f:id:tamie7575:20170111224808p:image 

 

みんな ひとりひとり。

 

ひとりをたいせつにできたら

みんなをたいせつにできる

 

そう思います。

 

   ひとりよりふたりの方が淋しいと
   知ってしまったこの冬の池

 

f:id:tamie7575:20170111225057p:image

 

 お互いの姿映した水面(みなも)には
 正反対の似た者同士

 

 

※この鳥はユリカモメ。脚がまだ赤くないのは一年未満の幼鳥だそう。(2017/01/12メモ追記)

 

お題「ひとりの時間の過ごし方」


お題「今日の出来事」