読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

ちはやふるって。其の二。

 ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川
 からくれなゐに水くくるとは

f:id:tamie7575:20161219104532p:image 

 決まり字の出てこぬ歌も決まり字を
 聞けば下の句スラスラわかる

f:id:tamie7575:20161218141856p:image

 

昨日は

むすめの競技かるたの大会でした。

 

以前、今年やっておきたいこととして

百人一首百首全部おぼえたい!

宣言をしたのですが

 

そんな私に付き合って

毎日問題を作ってくれているむすめも

 

まだまだ競技かるたの世界では

初心者の部類。

 

かるた会という、かるたの練習会に所属するようになってから

9ヶ月が経ったところです。

 

なので大会でもまだまだ。

 

昨日も…

残念ながら2回戦敗退でした。

 

いろいろ反省点などあるのだとは思うのですが

 

1試合に約1時間半

ずっと集中して尚且つ勝つってことが

どれだけ大変なことか

 

そして勝ち抜いていく人たちが

どれだけすごいか

 

毎回大会に付き添いで行くたびに

しみじみと感じているところです。

 

なんたって私は

まだ百首おぼえきれてないのですから…

 

でも

昨日の試合の中で

札が詠まれるたびに思ったことは

 

あれ?

私わかってる?

 

でした。

 

今までは

札が詠まれる(=上の句が詠まれる )と

 

あぁ、そうそう。

そうね。それそれ。

という感じで下の句を考えていたのだけれど

 

昨日はすぐに

 

決まり字がわかる!

  ↓

下の句もわかる!

 

ぐらいになっていたんです。


決まり字が詠まれれば

下の句がすぐに浮かぶようにはなってきてる!

 

そう実感できるほどに。

 

決まり字についての以前の記事↓

tamie7575.hatenablog.com

そして決まり字についてまとめてくださっているこちら↓

www.hyakunin.stardust31.com

 

 

今、毎日むすめに作ってもらっている問題は

 

下の句を見て→決まり字を書く」そういう問題です。

f:id:tamie7575:20161219014732p:image 

⤴︎母娘ともども汚い字でごめんなさい。そして大変申し訳ないくらいの点数…。

 

競技かるたのときには目の前に

下の句が書かれた札が置かれるので

 

それを見て決まり字を思い浮かべなければならないのです。

 

でも

試合ではまず上の句が詠まれるわけです。

当たり前ですけどね。

 

一生懸命決まり字を思い出さなくても

 

必然的に決まり字がわかる

   ↓

下の句まで思い浮かぶ

 

の図式に。

 

最初が分かれば

歌の歌詞のように下の句までどんどんわかるんです。

 

ヒトの記憶の不思議。

 

試しに家に帰ってから

いつもの逆バージョンの問題を

むすめに作ってもらったところ…

f:id:tamie7575:20161218223249p:image

⤴︎初めての100点!!

 

わかってるじゃないですか〜!!

 

ちょっと怪しいのもあったけど

あってました!

 

ホント、ヒトの記憶って不思議です。

 

結局、下の句までじっくり考えていると

むすめのような初級の人でも

1秒もかからずに札をとってしまうので

 

決まり字を覚えなくてはならないことに

代わりはないんですが。

 

でもこれで以前より

百人一首覚えてきている

ということがわかったので

 

いつまでも覚えられないと落ち込まずに

どんどん覚えられるようにがんばりたいと思います。

 

今年中には百首を覚えて

お正月にはむすめとかるたを!!

 

応援、こっそりでいいので

お願いしますね。

 

あんまりあからさまに応援されると

プレッシャー感じちゃうタイプなので…

えへへ…。 

 

というわけで

今回は

こっそり応援してくださるみなさんに

 

「下の句を見て決まり字をサッと思いつけるようになる」

競技かるたの練習方法の一つ

 

『札流し』をご紹介します。

 

前にも書きましたが

決まり字というのは

 

上の句のはじめの何文字かが分かれば

どの札を取るべきかわかる

その何文字かのことです。

 

札が詠まれたときに

パッとどの下の句か思いついた方が

 

素早く札が取れる

ということになるんです。

 

早く取れてなんぼ、の世界なので。

 

もう知ってるよ

という方もいらっしゃるかと思うのですが

 

私も含め全然知らない側からみたら

 

へぇ〜そんな練習があるんだ!

 

と思ったことなので

ちょっとご紹介。

(映画『ちはやふる』の中でもすごい勢いでこの札流しをやっている場面もあるのですよ。)

 

まずは取り札を用意。

 

取り札とは
下の句が書かれた文字だけの札のことです。

f:id:tamie7575:20161218141636p:image

⤴︎こんな。こちらは競技用の取り札です。

 

それをだいたい4つの山(約25枚ずつ)に分けて伏せておきます。

 

よーい…

ドーン!

 

というわけではないけど

 

できるだけ早く札をめくって

出た札の決まり字を言うんです。

 

言ったらその札を横に置いて次の札へ。

f:id:tamie7575:20161218141651p:image

⤴︎小野小町の歌「わかみよにふる」なので決まり字は「はなの」

 

試しに私がやってみると…

 

f:id:tamie7575:20161218141706p:image

ガーン…

20分もかかってしまいました。

トホホどころではありません。

 

しかもわからなかった札も山ほど。

 

ちょっとむすめにやってもらいましょう。

f:id:tamie7575:20161218141727p:image

早くて手がブレてます。

 

f:id:tamie7575:20161218141739p:image

タイムは1分6秒でした!

若干考えるところがあるもののなかなかの好タイム。

これで初級です。

 

もっと上級者になると

もっと早い。

 

ひょえ〜。。(←素直な感想)

 

競技かるたは0コンマの世界。

本当に頭が下がります。

 

札は逆さまでもいいんです。

相手の陣の札(相手の方に置いてある札)は逆さまなので。

 

と、こんな感じで

決まり字に対する反応を早める練習をしたりします。 

 

他にも置く札の位置とか

いろんなルールとか

 

競技かるたをする上で

知るべきことがたくさんあるのですが

それはまたいずれ。

 

 

むすめの競技かるた熱がきっかけで

 

百人一首を覚えたい。

と思った今年。

 

それがきっかけではじめた短歌

まだまだ勉強中ですが

 

勉強はいつからでも始められるとはこのこと。


新しいことを覚えるのはなかなか大変だけど

新しい世界を知ることは喜びでもあります。

 

ちなみに2016年12月19日現在

覚えられた百人一首の歌は64首です。

 

今年中に100首!!

がんばります。

 

むすめは…

昨日の夜 また泣いていたのはここだけの話。

 

がんばってもなかなか結果に結びつかない

そんなこともありますね。

 

むすめも私も日々精進です。

 

 

ちはやふるって

熱いですね。

 

f:id:tamie7575:20161219163933p:image 

 いにしえの歌人へ恋す今人の
 熱き想いに胸焦がす日々

 

映画『ちはやふる』予告編はこちら。

www.youtube.com

 

今までの競技かるたのことを書いたエントリはこちら。

 

tamie7575.hatenablog.com

tamie7575.hatenablog.com

tamie7575.hatenablog.com

tamie7575.hatenablog.com

tamie7575.hatenablog.com