三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

冬のお祭りって。

 十日市(とおかまち)かじかむその手握りしめ
 熊手柏手拓(ひら)け未来よ

f:id:tamie7575:20161210191143p:image

今日は地元の神社のお祭りでした。

 

あなたの住むところには

冬のお祭りって

ありますか?

 

毎年12月10日に催されるそのお祭りは

「大湯祭(だいとうさい)」といって

釜に湯をたいて身を清めたことから

その名がついたとか。

 

それに合わせて熊手などを売る

酉の市が立つんです。

 

毎年12月10日なので「十日市(とおかまち)」と呼ばれています。

 

f:id:tamie7575:20161210190944j:image

 

今年は土曜日と重なったので

子どもたちと一緒に。

 

夜が一番混むのですが

まだ明るいうちから人手が多かった。

 

f:id:tamie7575:20161210190927p:image

 

参道にはたくさんの露店が出て

神社に一番近い鳥居からは

熊手のお店だらけ。

 

f:id:tamie7575:20161210191002p:image

 

自営業の方や近隣の会社の方が商売繁盛を、

他にも合格祈願無病息災を願って

 

大小様々な縁起物の熊手を買い求める人で

にぎわいます。

 

f:id:tamie7575:20161210191018p:image

 

お店によって

少しずつ熊手の飾りが違うんですよね。

 

f:id:tamie7575:20161210200646p:image

 

人気のお店は早くから売約済の札が。 

 

f:id:tamie7575:20161210200719p:image

 

この熊手

「福をかき込む」らしいですよ。

 

熊手が売れると柏手を打って景気付け。

 

十日市を迎えると

一気に年の瀬感が増す気がします。

 

f:id:tamie7575:20161210191028p:image

 

冬のお祭りって

 

夏のお祭りとまた違った趣きで

結構いいものですよ。

寒いけど。

 

f:id:tamie7575:20161210191042p:image

⤴︎むすこの好物ケバブ。

 

ほんの少し目を離した隙に

むすこ とはぐれてしまったのですが

 

そんな むすこが呑気に一句。

 

 十日市 母とはぐれて 腹がへる

 

ていうか腹がへるじゃなーい。

すぐに見つかってよかったけど…。

 

f:id:tamie7575:20161210202108p:image

 年の瀬の祭り巡りて子とはぐれ
 呑気に俳句詠む子と再会

 

お題「今日の出来事」