三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

忘れるって。

 忘れなきゃ 生きていけないこともある
 まだ忘れてない まだ生きてる

f:id:tamie7575:20161130084812j:image

もう11月も終わり!

忘年会シーズンですね。

 

年忘れ

とか

忘年会

とか

今年のことで忘れたいこと

ありますか?

 

私は…

できればいろいろ忘れたくないです。

でも忘れちゃうこともたくさんあって。

 

反省しないで

忘れちゃダメだって人もいるかもしれませんが

 

ヒトにとって

 

忘れるって

案外大事なことなのかもしれない

 

とも思うのです。

 

 

そもそも

 

忘れるって

どういうことでしょう。

 

昔、学校の先生が

「忘れる」っていうことについて

言っていたこと。

 

「忘れるっていうのは、一度覚えたことなんだよ。覚えてないのとは違う。」

 

まあ、これはテスト対策みたいな話の流れだったような気がしますが。

 

ヒトの記憶って

非常に曖昧ですよね。

 

まだまだ科学的にわかってないことが

たくさんあると思いますが

 

ちょっとわかっていることもあります。

 

 エビングハウス忘却曲線というのを

ご存知ですか?

 

最初覚えていたことが100%だとしましょう。

20分後ぐらいには滑り台のようにガクーンと

40%近くは忘れる。

1時間後には50%以上

1日後には70%以上

忘れるんです!!

 

どーりで百人一首が覚えられないわけだー。

 

忘れるんですよ。

だいたい。

普通は。

 

でもその忘れていく途中で

一度覚えた事をまた覚えようとすると

どんどん忘れにくくなる

らしいです。

 

お勉強とか百人一首覚えるとか

なるべく一週間以内に同じことを繰り返すと

忘れにくくなって

ちゃんと覚えてるってことになるみたいです。

 

でも

努力しても努力しなくても

忘れられないこともありますよね。

 

トラウマになるようなことだったりもあるかもしれません。

 

それをずーっとずーっと

忘れられずにいたら?

 

そういうとき

忘れられたら

きっと楽になるでしょうね。

 

 

逆に

 

病気や事故などの怪我、障害で

忘れたくないということまで

忘れてしまう

覚えられない

そんなこともあります。

 

大切な人との思い出を思い出せない

生活に必要な基本的なことを覚えられない

 

ちょっと想像してみてください。

 

f:id:tamie7575:20161130162808p:image

 

少し前にNHKEテレ

ディジュリドゥ奏者のGOMAさんという方と

脳科学者の茂木健一郎さんが

会ってお話されている番組を観ました。

最近の放送は、再放送だったようなのですが。

 

オーストラリアの先住民アボリジニ

ディジュリドゥという楽器を演奏されている

GOMAさんは

 

2009年に交通事故に遭い脳を損傷。

高次脳機能障害という後遺症が残りました。

 

高次脳機能障害というのは大まかな障害の名前で

その人それぞれによって障害されていることがちがうのですが

 

GOMAさんは

以前の記憶の一部を失い

新しいことを長く覚えていられない

という症状と

今も向き合っているそうです。

 

番組の中での

なんでもない会話で

 

お昼に食べたお弁当のお店について

GOMAさんが奥様の純恵さんにたずねます。

 

ほんの少し後に

またGOMAさんは同じ質問を繰り返します。

また同じように奥様は答えるんです。

 

 

GOMAさんはそういった脳の障害がありながらも

事故の後

絵を描くようになり個展も開かれています。

 

そして音楽演奏活動も再開。

 

今年8月には

『失った記憶 ひかりはじめた僕の世界』という本も

出版されています。

 

 

この本には

GOMAさんの日記や奥様の日記、

事故の後から描きはじめた点描画などが収められています。

 

様々な検査を何度も何度もくり返し

ようやく「高次脳機能障害」と診断されたのは

事故から何ヶ月も経ってからのことだったそうです。

 

f:id:tamie7575:20161130162823j:image 

 2010.01.01

今日から新しい年が始まった。みんなが幸せに過ごせる一年になりますように。

保険会社の担当と妻の勧めで、日記をつけるようにする。漢字もたくさん忘れているようだ。辞書必須。

年末に家の近所で迷子になってから、外を出歩くのが少し恐い。整体に行くのに、バスと電車にはじめて乗ったが、カードシステムがよくわからない。以前は普通に乗っていたようだが、全く思い出せない。

おせち料理、おいしかった。妻の料理の腕が上がったなと実感。まぁちゃんの笑顔に毎日救われる。

これで良かったんだと思えるようになりたい。

昨年の思い出は、事故の衝撃しか思い出せず。思い出す度に、恐怖がよみがえる。事故から一か月が過ぎて、やっとテレビを見て笑える。笑うって大切だな。みんなを幸せにする。負けるな!

 出典GOMA『失った記憶ひかりはじめた僕の世界』中央法規出版 2016; p.12

 

2011.04.09

なにげなく過ごした今日という時間。

もしかしたら、あの人にとっては喉から手が出るほどに欲しかった未来だったかもしれない。

あの人が望んだ、もう少しだけでも生きたかった時間だったかもしれない。

僕が今日、絵を描いた一日。

それは、あの人にとって、ありがとうの言葉を大切なあの人に伝えたかった一日だったかもしれない。

生きていることに感謝して、大切に時間を過ごしたいと思う。

同上;p.120

 

忘れては一からやり直し。

繰り返しのリハビリ。

先の見えない不安。

後遺症の痙攣発作。

 

 

日記をつけることで

過去の自分を

いまの自分が

未来の自分へ 言葉を綴る。

 

ひたすら絵を描く。無になるために。

 

f:id:tamie7575:20161130162839p:image

 

GOMAさんはインタビューでもこう答えています。

単純にいまこの瞬間をいい時間にすることだけ考えて、実行していけば、それが確実に未来につながっていくと思うんです。

出典:http://www.cinra.net/interview/201608-goma

 

 

ヒトの脳の機能というのは

 

身体のコントロールから

記憶感情といったのコントロール

 

それから

そういったこと全体が必要とされて

私がいつも考えたり悩んだりしている

ことば」についても

 

重要な役割を担っています。

 

 

忘れるって

脳の機能なんです。

 

でも

忘れても

忘れなくても

「いま」

「このとき」を

大切にしていきたいですね。

 

f:id:tamie7575:20161130163337p:image

 

ではでは

ここで忘れないうちに

小倉百人一首の中で「忘れる」という言葉に関係のある歌をご紹介。

 

 忘らるる身をば思わず誓いてし
 人の命の惜しくもあるかな

    (右近 小倉百人一首38番)

 

忘れられてしまう私のことはどうでもいいの。

私を愛すると誓ったあなたの命が心配ですよ。

 

とか

 

 忘れじの行く末まではかたければ
 今日を限りの命ともがな
 

(儀同三司母ぎどうさんしのはは  小倉百人一首54番)

 

あなたがおっしゃった「忘れないよ」という言葉が

ずっと続くとは思えない。

だから今日を最後に死んでしまいたいのです。

 

とか。

 

   有馬山 猪名の笹原 風吹けば

   いでそよ人を 忘れやはする

                     (大弐三位 小倉百人一首58番)

 

有馬山をのぞむ猪名の笹原に風が吹けば

そよそよと音がするように

あなたが風を吹かせてくれれば

私はいつでもなびきますよ。

貴方を忘れることがあるでしょうか。

 

とかとか。

 

この三首でした。

 

忘れるとか

忘れないとかって

 

今も昔も

ずっと

せつないですね。

 

忘れても

忘れなくても。

 

 夏過ぎて
 秋をも過ぎて
 冬がきて
 君を忘れられたらいいのに

f:id:tamie7575:20161130162941p:image

 いつまでも 私ひとりが 忘れずに
 嘘に変わった 約束噛みしめ
 

最後まで読んでいただいて

ありがとうございました。

 

 

GOMAさんのインタビュー記事やNHKの番組ブログは以下の通りです。

www.cinra.net

www.nhk.or.jp

www.nhk.or.jp

www.nhk.or.jp

www.nhk.or.jp

 

 ※「忘れる」という言葉が使われた百人一首を一首追加しました。(2016.12.09.)