三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

話すって。

 話したいことがたくさんありすぎて
 結局何も言えずに終わる

f:id:tamie7575:20161117064003j:image 

話すって

得意ですか?

 

書くってことより

 

話すのニガテって人

案外多いのかもしれません。

 

…私もニガテなんです。

はい、苦手ですよ。

 

人と関わるお仕事してるのに。

 

 

話すって

ちょっとむずかしいなと思うとしたら

 

それってやっぱり

相手がいることだからなんですよね。

 

書くってことも

もちろん相手がいて

伝えたい事があって

書くのだけれど

 

話すとなると

すぐに

相手の反応が返ってくる

 

とにかく「すぐに」ってところで

ひっかかることが多いんじゃないかと思います。

 

そして「すぐに」

返さなくてはいけない。

 

聞いたことを頭の中で考えて

それを理解して

今度は自分の考えをまとめて

それを言葉にして

発する。

 

「すぐに」。

 

聞いたことが

理解しやすい ことば だったり

理解しやすい内容だったら

スムーズです。

 

でも

文章でもよく「行間を読む」などという言葉があるように

言われた通りの言葉の意味じゃなかったら・・・?

 

そう思うと

 

話すって

かなりハードルの高いコミュニケーション

なるんですよね。

 

よくスポーツ選手などがテレビで

インタビューへの受け答えが

すごくしっかりはっきりしていて

 

すごいなと感心することがあります。

 

でもあれって

 

あらかじめ限られた話題の中で

ある程度想定された質問に答える

 

だからこそできることなんですよね。

 

普段生活していて

普通の会話の中で

あんなふうにテキパキと答えられるって人は

 

話すのニガテ

なんて思わないかもしれません。

 

 f:id:tamie7575:20161117064120j:image

以前、『モモ』という物語のことを書いた時

小さな女の子の主人公モモが

「人のはなしを聞く」ことができたとありました。

 

親友のおじいさん道路掃除夫ベッポとのやりとりはこうです。

 

道路掃除夫ベッポは頭がすこしおかしいんじゃないかと考えている人もありました。なにかきかれても、ただニコニコと笑うばかりで返事をしないからです。ベッポはじっくりと考えるのです。そして答えるまでもないと思うとだまっています。でも答えがひつようなときには、どうこたえるべきか、ようく考えます。そしてときには二時間も、場合によってはまる一日考えてから、やおら返事をします。(中略)

でもモモだけはいつまでもベッポの返事を待ちましたし、彼のいうことがよく理解できました。こんなに時間がかかるのは、けっしてまちがったことを言うまいとしているからだと、知っていたからです。ベッポの考えでは、世のなかの不幸というものはすべて、みんながやたらとうそをつくことから生まれている、それもわざとついたうそばかりではない、せっかちすぎたり、正しくものを見きわめずにうっかり口にしたりするうそのせいなのだ、というのです。

出典:ミヒャエル・エンデ『モモ』1976;大島かおり訳2005岩波少年文庫127p.51

 

モモのように

相手の ことば を待ってくれる

そういう聞き手なら

 

話すのが苦手

そう思う人も少なくなるのかもしれません。

 

でもいつもいつも

よい聞き手とお話ができる

そうとは限りませんよね。

 

また返ってくる ことば が

期待通りのものだという保障もありません。

 

そんなとき

どうしたらいいでしょう?

 

私なりに出した答えはこうです。

 

まずは

 1. すぐに返事をしなくては、ということは考えない。

 

次に

 2. 言葉の通りに受け取って、相手がどう思うか考えすぎない。

 

ということ。

 

話すのが苦手と思う要因のひとつに

 相手がどう思うか?

考えすぎてしまうことって

ないですか?

 

話すって

「言葉」だけじゃなく

相手の表情や視線や、声のトーンや口調

そういったいろんなところから

 

相手が何を話しているのか?

何を言おうとしているのか?

 

考えすぎてしまうことがあります。

え?ないって?

 

そういう人はだいじょうぶ。

 

でも、考えすぎてしまうなら

 考えすぎない。

 言葉だけをとらえる。

 

というのも

ひとつの方法です。

 

ことば のアウトプットの

 

話すって

 

やっぱりちょっと

むずかしい。

 

また掘り下げて

考えていきたいと思います。

 

「話す」ではなく

インプットの「聞く(聴く)」ってことも

そのうち。

 

f:id:tamie7575:20161117064153j:image

 どう思う?そういう風に聞けたなら
 ちょっと落ち着くベンチの隣り

f:id:tamie7575:20161117064613j:image 

 一番に あなたに聞いてほしかった
 今日あったこと なんでもないこと

 

 

tamie7575.hatenablog.com