読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

ブログって。

 いつのまに ひと月が経ち 独りごち
 湧いて溢れて なほ滲み出づる

f:id:tamie7575:20161115215615j:image

 

このブログを始めてから

ひと月が経ちました。

 

ブログって

初めてでして。

 

短歌というものに触れ

三十一文字に想いを込めつつ

 

この ことば をどこかに記録できないかと

 

なんだかよく分からずに

どうしたものかと始めたブログ。

 

相変わらず三十一文字に

おさまりきらない ことば ばかりを

綴っています。

 

どんな方が読んでくださっているのかも

よく分からず

 

それでもこのひと月で

たくさんの方々が読んでくださったらしく

(ブログの統計上の延べ人数という意味で)

 

どなたかわかりませんが

いつもお付き合いありがとうございます!

 

と直接言いたくても言えない

なんとも言えない状況に

 

なんだかとっても遠い…

そんな気持ちになることも。 

 

ブログって

こんなものなのかなと

未だによく分からずじまいです。

 

ブログ見てるよ

って言われたら

それだけですごくうれしいですよね。

 

いや、場合によっては恥ずかしいのかな・・・

 

 

それでも

 

いろんな方のブログを見るきっかけにもなり

 

ただ毎日

飼っている文鳥の様子をひと言アップする人

 

たくさんの記事を参考に

自分なりの考えをまとめてる人

 

マイペースで

自分の思ってることを綴ってる人

 

ご自分の得意分野を紹介されている人

 

などなど

 

いろんなブログのやり方があるんだなぁと

勉強させてもらっています。

 

私も

YouTubeを貼ってみたり

目次作りにチャレンジしてみたり

(これについてはまだ未完成)

ブログならではの楽しみもぼちぼち見つけている毎日。

 

日記ともちょっと違う

「思いを言葉に。」という

はてなブログのキャッチコピーに

そのままのせられた感のある

 

この『三日月のうた』。

 

ぼちぼち三十一文字にことばをはめつつ

続けていけたらな…

続けられるかな…

 

 

短歌は

とにかくたくさん詠むとよい

という

どこかで読んだアドバイスをもとに

 

とにかく毎日詠んできてみたけれど

それもまだまだこれから。

 

自分の歌の方向性など

全く見えず・・・

 

 

以前

百人一首がきっかけで短歌に興味を持つようになった

と書いたのですが

 

自分で短歌を詠むようになって

いろいろな方の短歌にも触れる機会が増えました。

 

やっぱりたった三十一文字だけれど

その人らしさが表れるというか

 

同じお題を詠むにしてもその人らしい表現が

あるのだなと思っています。

 

そこで今回は

新しく短歌の本などを読んで

 

私自身がぐっときた!

 

短歌を二首ご紹介。

 

短歌の世界では

ちょーちょー有名かもしれませんが・・・

 

ここはひとつ。

 

 瞬間を 永遠とする こころざし

 無月の夜も 月明かき夜も

  (岡井隆;瞬間を永遠とするこころざし)

f:id:tamie7575:20161115215446j:image 

無月(むげつ)というのは曇ったり雨が降ったりして

月が見えない夜のこと。

先日のスーパームーンの時のようですね。

 

 

瞬間を永遠とする

 

初めてこの歌に出逢ったとき

これだ!!

と思って

 

大げさではなく涙まで滲みました。

言いたかったことを言ってもらえたというか。

 

私のしたかったことは

これなんだなと。

 

短歌を詠むこと

写真を撮ること

ことばを綴ること

 

どれも「瞬間を永遠と」したかったのだと。

 

今をただ生きるってことを

模索していた日々。

 

永遠って

何だろうと考えていた日々。

 

そういうことなんだなと。

 

 

そしてもう一首。

 

 すき、すき、と うごかしながら くちびるを
 あなたにすべらす 声は出さずに

         (林 あまり;スプーン)

f:id:tamie7575:20161115215538j:image

なんだかねぇ。

たまらなかったですよ。

 

もうこれは言葉ではないような。

 

声は出さずに

 

すき

が溢れてくる。

 

こんな歌もあるんだなって。

 

この方の歌は、他にも刺激的な歌がたくさんありますが

ここでご紹介するのにも私にも

このくらいが丁度よく。

 

f:id:tamie7575:20161115220727p:image

 

とにかく

ブログって

 

なんだかまだよくわからないけれど

 

毎日短歌を詠んで

瞬間を永遠にできる日が

いつか訪れますように。 

 

今回はこの辺で。

 

今日もお付き合い

ありがとうございました。

 

お題「好きな短歌」