三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

永遠って。

 いつまでも
 続くわけがないのに
 いまは
 永遠なれと 願うばかりで

 

f:id:tamie7575:20161019014457j:image

 

この歌を詠んだ時は

祖母の命日を前にして

 

命はいつか終わりがくること

人と人の関係にも終わりがくることを

考えていました。

 

永遠って

なんでしょうね。

 

永遠に続いてほしいと

そう願うけれど

何事も変わっていく。

いつか終わるときがくる。

 

 

そうは分かっていても

永遠に続いてほしい

そう願わずにはいられない時があります。

 

ずっと変わらないで

続くもの

あるのでしょうか。