三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

百人一首

桜って。其の三。~桜回廊2017~

桜ってやっぱりきれい。とっておきの桜があったら誰かに見てほしい。そして、大切な人と見たい。私のとっておきの桜並木をご紹介。百人一首の「桜」に関する歌も。

卒業って。

卒業式でした。むすめが選んだお友だちへのメッセージ短歌は……。

侘しいって。

侘しいってことについて。侘び寂びの「侘び」。椿の一種「侘助」や椿の写真もいくつか。「侘び」に関係する百人一首の歌もご紹介。

渡るって。

川を渡る。昔と今。写真と短歌、百人一首の歌も。

待つって。

あなたは待つことのできる人?待てない人?待つってことを考えました。 友人おすすめの絵本と、「待つ」に関する百人一首の歌をご紹介。

椿って。

椿ってきれいですよね。椿と山茶花のちがい。椿を詠った万葉集の和歌もご紹介。

歴史って。

歴史の勉強をたのしく!ねこが歴史上の人物になる『ねこねこ日本史』歴史がニガテでもたのしく学べます。

どら焼きって。

どら焼きってお好きですか。いろんなどら焼き食べくらべ。どら焼きを詠んだ短歌も少し。

約束って。

約束ってなんでしょう。守るとか、守らないとか。そのことよりも大事なことがあるような気がします。約束に関係する百人一首の歌もご紹介。

春って。

春のこと。節分の豆まきのこと。実家でやっていた「さっと窓閉め豆まき」のこと。春に関する百人一首の歌もご紹介。

友だちって。

友だちって、どんな存在ですか。「友」という言葉を使った百人一首の歌もご紹介。短歌も少し詠んでいます。

七草って。

せりなずなごぎょうはこべらほとけのざ すずなすずしろこれぞ七草 お粥でしょ?もっとガッツリ食べたいよ そんな記憶も遠い昔に 今日は1月7日です。 うちは両親とも季節の行事をわりと大切にしていて 子どもの頃から1月7日には七草粥を食べていました。 冒頭…

暮れるって。

明けぬれば暮るるものとは知りながら なほ恨めしき朝ぼらけかな (藤原道信朝臣 小倉百人一首52番) 日が暮れて この年も暮れていきます。 暮れるって 日が沈み暗くなること。夜になること。 季節や年が終わりに近くなること、もしくは終わること。 暮れる時…

かるたって。

百人一首の遊び方のご紹介。競技かるた、散らしどり、坊主めくりの基本的ルール。お正月にはみんなでかるたをしよう!

髪って。

長く伸ばした髪を寄付する。ヘアドネーションのこと。

百人一首って。

小倉百人一首は一つのコンピレーションアルバムなのでは。百人一首のことをもっと身近に感じたい。そんなことを綴っています。

ちはやふるって。其の二。

むすめと一緒に百人一首を覚えたい!と覚えてる途中です。競技かるたの決まり字のことなど。練習方法も少し。

クリスマスプレゼントって。

もうじきクリスマス。クリスマスプレゼントにおすすめの「ことば」と「百人一首」と「短歌」の本をご紹介。もちろん自分へのプレゼントにも。

冬の朝って。

冬の朝。暗くて寒くて眠い・・・。そんな「朝になるところ」をあらわす百人一首の歌をご紹介。「暁」「朝ぼらけ」など似ているけどどこがちがうの?「朝になるところ」の言葉についても。

小鳥って。

小鳥って、犬や猫のように目立つ存在ではないけれど、身近でそっと癒してくれるそんな存在です。庭に置いた餌を食べにくる野鳥。小鳥の出てくるおすすめ本。一応、短歌も。「鳥」に関する百人一首の歌もご紹介。

川って。

川は流れてどこどこ行くの。川ってどこにつながっているんでしょう。ずっと昔からある「川」が、今の私たちとつながる。そんな歌が百人一首にはあります。

師走って。

雨の日の終わりの月のはじまりの はじめてのこと 見つけた四つ葉 今朝は雨からはじまりました。 はじまりはいつも雨…。 というわけじゃないけど。 もう12月ですね。 昨日、一足早くトイレのカレンダーをめくっておいたら 夜寝る前にトイレに行って出てきた …

忘れるって。

忘れるって。どういうこと。忘れたいのに忘れられない。忘れたくないのに忘れてしまう。ディジュリドゥ奏者のGOMAさんの著書から感じたこと。「忘れる」という言葉に関する百人一首の歌もご紹介。忘れても忘れなくても。

柿って。〜干し柿の作り方 前編〜

干し柿を家庭で作る方法をご紹介。最高気温が15℃以下になる頃が目安です。

雪って。

今日の出来事。関東で54年ぶりの11月の初雪でした。寒くってやだなぁと思うこともあるけれど、雪って特別です。「雪という言葉を使った百人一首の歌もご紹介。

鎌倉って。

鎌倉散策のようす。紅葉の進み具合。おすすめスポット。鎌倉にちなむ百人一首の歌も紹介しています。

朝靄って。

朝靄の中、写真を撮りに行きました。靄と霧の違いって。百人一首の歌もご紹介。

眠るって。

眠るって。よく眠れるってどういうことか。やっぱり睡眠は大事。当たり前だけど。

恋って。

恋って。万葉の時代では「孤悲」という字が当てられていたこともあります。恋ってなんでしょう。百人一首で「恋」という文字が使われている歌も紹介。

月って。

今日は本当は満月。生憎のお天気で見えないけど。月って。ずっと昔からあるんですよね。当たり前だけど。

菊って。

植物が好きだからって、ちょっと人生の先輩とお話したら、菊の苗をもらった。菊って。

三日月って。

星屑と 月の欠けらの シロップが とろりとろけて 夜がはじまる 秋風の 三日月の夜の 静けさに 夢か幻 君はいずこに よく空を見上げます。 そして月も。 このブログ名にもある 三日月。 三日月って 名前の通り 三日の月 ですが。 陰暦三日の月以外にも 新月か…

風って。

風にまつわる短歌。小倉百人一首で「風」という言葉が使われている歌について。風って。

イタズラって。

はろうぃん て おかし たべれる ひ なんでしょ そうだね そうかもしれないね なんでまた そうなっちゃったの カボチャくん おかしくれなきゃ イタズラしちゃうぞ イタズラって どこまでがイタズラでしょう。 先日のこと キッチンで水を出そうとすると シャー…

上野って。

月の向こう 不忍池 弁天堂 スワンボートに乗って行こうよ 上野というと 何を思い浮かべますか? お花見? 博物館? 西郷どん?? 上野公園の一画にある 清水観音堂をご存知でしょうか。 そこに歌川広重の浮世絵「月の松」を再現した 松があります。 ホンモノ…

ちはやふるって。

緊張感 そんなものなど 忘れたと 思ってはいたが なんだろ ワクワク 熱い! アツすぎる! むすめの付き添いで 競技かるたの大会に度々行くのですが その集中力や情熱に 毎回驚き、また新たなる意欲をもらって帰る そんな日々が続いています。 自分が出場する…

万葉の時代って。

見せばやな 山野草(くさばな)の継ぐ 万葉の 魂(たま)のつながり 届けよ届け ミセバヤという植物があるのを、ご存知でしょうか。 この窓辺の写真の、ダラリと下がった小さなピンクのお花がそうです。 ウィキペディアによると、「ミセバヤ(見せばや) Hylot…