読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

ため息って。

ためいきの そのむこうには きみがいて はるがきたかと おもったらいい ため息って なんでしょうね。 ため息って 溜めた息。 ため息をつくと しあわせが逃げちゃうよ なんて言われたことがあるのでは? ため息って 実は 緊張したり 不安に思ったりしたときに…

椿って。

椿ってきれいですよね。椿と山茶花のちがい。椿を詠った万葉集の和歌もご紹介。

百人一首って。

小倉百人一首は一つのコンピレーションアルバムなのでは。百人一首のことをもっと身近に感じたい。そんなことを綴っています。

ことばって。其の六。〜言霊〜

言霊の力に君は導かれ 引き寄せられた吾導かん 言霊というものが 存在すると そう思うことがあります。 言霊とは「ことだま」 言葉に魂、霊力が宿る という日本古来の考え方で 言霊信仰という言葉もあるくらいです。 難しい言葉は抜きに まごころのこもった…

甘酒って。

甘酒って「飲む点滴」といわれているのをご存知ですか?その栄養成分から、甘酒の歴史、和歌や俳句などをご紹介。

あんこって。

小豆煮て 砂糖加えて くつくつと ゆっくり炊いた あんこ しあわせ あんこって お好きですか? 言うまでもなく 私はあんこ、好きなんです〜。 好きじゃなければ書いたりしないのですが アイスクリームと同じくらい あんこが好きなんですよ〜。 今回は あんこ …

くしゃみって。

くしゃみって人が噂をしているとか?万葉の時代から、くしゃみは人の噂と関係があったようです。万葉集で詠われたくしゃみに関係する歌もご紹介。

恋って。

恋って。万葉の時代では「孤悲」という字が当てられていたこともあります。恋ってなんでしょう。百人一首で「恋」という文字が使われている歌も紹介。

お弁当って。

玉子焼き 美味しいねぇとむすめ言う 味は甘くてもしょっぱくても 先日の競技かるたの大会へも お弁当を作っていきました。 むすめは 私のお弁当をずっと好きでいてくれて 給食よりもお母さんのお弁当がいいと うれしいことを言ってくれます。 好きなおかずは…

言の葉って。

東屋の 陰その向こう ひっそりと あの人がいる 風に吹かれて 『言の葉の庭』という作品を、ご存知ですか? 『君の名は。』でも知られる 新海誠 監督の作品で 何年か前の映画なのですが その小説を読んだ時に、詠んだ歌です。 内容については、別の機会があれ…

万葉の時代って。

見せばやな 山野草(くさばな)の継ぐ 万葉の 魂(たま)のつながり 届けよ届け ミセバヤという植物があるのを、ご存知でしょうか。 この窓辺の写真の、ダラリと下がった小さなピンクのお花がそうです。 ウィキペディアによると、「ミセバヤ(見せばや) Hylot…