三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

いきもの

ことりって。

あめの あさ ぴいつつぴいつつ ぴいつつと ことりが なくよ ほら そらを みて こっちでも ぴいつつぴいつつ ぴいつつと おへんじ するよ とおくから こえ 今朝は雨でした。 小鳥が鳴いて 呼んでいました。 雨の中でも呼びあって あっちとこっちで声かけあっ…

猫って。

一昨日は猫の日だったそうで。 思いきり遅れましたが 猫の日に作った猫の歌を。 猫って。

ひとりって。

ひとりよりふたりの方が淋しいと 言ってしまえばもう終わりかな 今日は1月11日 1並びなので ひとりってことについて。 私は非常勤のお仕事をさせてもらっていて 複数の職場があります。 ちょっと遠い職場に行くときには 帰りが遅くなるので 実家の母に子ども…

小鳥って。

小鳥って、犬や猫のように目立つ存在ではないけれど、身近でそっと癒してくれるそんな存在です。庭に置いた餌を食べにくる野鳥。小鳥の出てくるおすすめ本。一応、短歌も。「鳥」に関する百人一首の歌もご紹介。

金魚って。

もう夏のお祭りは過ぎましたが、かわいい金魚の飼い方 その名も「どんぶり金魚」どんぶりで金魚が飼えるんです。さかなクンの師匠、岡本信明先生の本をご紹介。