三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

東海道五十三次って。其の三。〜ワラーチで走ってます〜

一歩一歩ただ前を見て進むこと
いつか必ず辿り着くまで

f:id:tamie7575:20170610203129j:image

 

いつの間にか夏至も過ぎ 

もうすでに夏の後半戦が始まってしまったところ。

 

緯度の高い北欧などでは

白夜の頃だそうです。

 

それなのに〜

夏至の昨日は

 

私の住んでいるところは一日雨で

薄暗い日でした。

 

なので

しようと思っていたランニングもおやすみ。

 

でも!

ふと気付いたのです!

 

そういえばアレどうなった?

 

アレって…

アレですよ…

 

アレとは…

私の密かな目標

東海道五十三次の距離を走る〜

というもの。

 

昨年9月ごろはじめた

最初は2㎞も走るのがやっとだったランニング生活も

 

なんとなくポテポテと走り続け

5月にはハーフを走りきることもできました。

続きを読む

夏至って。

今日はもう
いろんなことを置いといて
ゆっくり息をしてみましょうか

f:id:tamie7575:20170622074412j:image

 

おひさまの いちばん ながい いちにち に
いちばん ひつよう な ひと が いないの

 

f:id:tamie7575:20170622074615j:image

 

‪台風のような一日過ぎたからきっと明日は笑えると思う

 

夏至2017』民生

 

紫陽花って。

雨の日の濡れた葉の裏かたつむりやさしさ包む涙色の花

f:id:tamie7575:20170613090642p:plain

 

今年はなんだか空梅雨気味ですが…

 

雨の日に似合う花といえば

やっぱり…紫陽花(アジサイ)でしょうか。

 

紫陽花って

英語では

hydrangea

水の器

という意味があるそうです。

 

たくさんの水をたたえて

しっとりと咲く姿は

 

ちょっと憂鬱にもなりがちな

この梅雨の時期にぴったりのお花ですよね。

 

続きを読む

チャイって。

友だちでも恋人でもない
夕暮れのチャイティーラテはほんのり甘い

f:id:tamie7575:20170612104758p:image

 

梅雨入りをしたというのに

あんまり雨は降らなくて

 

なんだか暑過ぎるくらい暑かったり

なんだか逆にちょっと冷え込んだり

 

お天気がころころ変わって

なんとなく調子が悪いという方も

いらっしゃるかもしれませんね。

 

お元気でお過ごしですか?

 

続きを読む

旅って。其の二。〜岩手・花巻編 岩魚釣りのある旅ふたたび〜

旅の先そこにも暮らすひとのいて
つながりを探すここにあそこに

f:id:tamie7575:20170603193937p:image

▲林道。日が射してる!

 

旅が好きです。

 

旅先の景色

そこに住む人々の暮らし

その土地の温度

風の匂い

使われることば

よく食べられているもの

 

普段とはちがう環境に身をおくことで

いろいろな世界があること

当たり前だと思っていることが当たり前ではないことを

 

体験したり

感じたりするのが好きです。

 

普段は関わりのない人たちが

暮らしている街を知ることが

 

また新しい自分の世界を広げてくれます。

 

続きを読む

旅って。其の一。

いつもとはちがう景色を眺めては
いつも心にいる君を想う

f:id:tamie7575:20170602201117p:image

 

旅に出ています。

 

続きを読む

ひとときって。

ひとときの夢でいいから今すぐに
君に逢いたい君に逢いたい

f:id:tamie7575:20170528103536j:image

君が話す声がきこえるゆっくりと
蝶が蜜を吸うようなひととき

 

 

 

『ひととき』民生