読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

師匠って。

先をゆくあとを追いかけいつまでも見える背中はいつまで見える

 

f:id:tamie7575:20170516151242p:image 

 

植物が好き。

 

という記事を

度々書いているつもりなのですが

 

今回は

その植物の師匠について少し。

 

 

だんだんと緑が濃くなって

草木が生い茂り

 

少し冷え込んだり

雨が降ったりしながらも

 

季節は初夏へと移ってきた様子。

 

緑の勢いが盛んなこの時期は

 

家にある鉢植えなどの

植え替えの時期でもあります。

 

 

私が植物に興味を持って

少しずつ育てるようになったのは

 

たぶん実家の母の影響が強いんじゃないかと。

 

そこら辺に生えている花の名前

その特徴

手入れの仕方

 

小さな頃から少しずつ

それとはなしに耳に入ってきて

 

やれ

月下美人の花が咲きそう、だの

ニオイバンマツリの香りを嗅いでみろ、だの

 

ちょこちょこと

植物のある暮らしの中で

 

植物を育てる楽しみを

教わっていたのかなと思ったり。

 

でも

花などの植物って

本当にたくさんの種類があって

 

そんな母親でも名前を知らないものが

たくさん。

 

世の中知らないことだらけ。

 

f:id:tamie7575:20170516151550p:image

 

そんな植物に関して

 

私が勝手に心の中で

(師匠。)

と呼んでいるのは

 

その母ではなく

山野草のおじさんです。

 

そのおじさん

たまに通りかかる道沿いで

 

育てている山野草などを

無人で販売している所のおじさんなのです。

 

f:id:tamie7575:20170516151400p:image

 

みなさんのご近所にはあるでしょうか?

 

山野草ではなくても

無人で野菜を販売しているようなところ。

 

そういうところって

本当に

お客さんを信頼しているんでしょうね。

 

「必ずお金を入れていってくれるだろう」

という。

 

ある意味それってすごいなと

思ったりもするのですが…。

 

そんなふうに

 

育てている植物が

「お金を入れていってね」

という感じの木箱とともに置いてあるのですが

 

 

f:id:tamie7575:20170516151925p:image

 

以前、このブログでもご紹介した

日高ミセバヤという植物をそこで買ったとき

 

その無人の販売のところに

おじさんがいるのを発見したのです。

 

 普段はいないおじさんがいる!

 

それだけでちょっとテンションが上がり

植物についての質問をいくつか。

 

私はどちらかというと

人見知りをしてしまう方なのですが

 

なぜかそのおじさんに対しては

そういう遠慮のようなものが湧いてこないで

 

今、聞かないと!

というような気持ちで

 

珍しい植物の名前や

育て方のヒントのようなものを

いろいろと聞いていました。

 

写真も撮ってもいいかと聞くと

喜んでOKしてくれて

 

販売はしていないものも

育てている植物をたくさん見せてくれました。

 

f:id:tamie7575:20170516151739p:image

 

普段はその ご自宅兼仕事場 の奥で

別のお仕事をされているそうで

 

植物たちは無人で販売している

という感じ。

 

 

先日

また通りかかったときにちらりと見てみると

そのおじさんのところに珍しくメッセージが…。

 

f:id:tamie7575:20170516151428p:image

 

!!!

なんてこと!

 

「悲しいです」が先に目に入ってしまうところがなんとも…。

 

植物というのは

当たり前のようですが

 

生きものです。

 

生きものというのは

これまた当たり前のようですが

 

一度死んでしまったら

生き返らないのですよね。

 

毎日毎日

 

目をかけて

手をかけて

月日をかけて

 

育てていくもの。 

 

それでもうまく育たなかったり

思うようにはいかなかったり。

 

そんなおじさんの悲しみに触れてしまって 

少し私まで。。

 

でも気を取り直して

思いきって呼んでみる…

 

そう、

 

こんにちはー!

って。

 

私って本当に人見知り???(笑)

 

わざわざ出てきてもらって

無人のはずなのに…。)

植え替えや挿し木のことなど

また質問。

 

そして

山紫陽花と岩唐草というお花を

買うことに。

 

▼山紫陽花「花笠」

f:id:tamie7575:20170516151458p:image

 

f:id:tamie7575:20170516151508p:image

 

▼岩唐草。

f:id:tamie7575:20170516151517p:image

▼小さいけれどかわいらしい。

f:id:tamie7575:20170516151527p:image

 

私の師匠って

 

聞けば何でも教えてくれる。

 

教えることは

いくらでもあるよ

というように。

 

でも本当にそうなんです。

 

聞いても聞いても

まだまだ知らないことだらけ。

 

これから先

どのくらい師匠から教わることができるか

わからないけれど

 

できるだけ無人じゃないときを狙って

(というより呼び出して)

たくさん教わりたいと思います。

 

 

私の師匠って

山野草のおじさんって)

 

やさしい

「花を愛する者」

みたいです。

 

f:id:tamie7575:20170516152125j:image

教われることなど限りあるばかりそこから学ぶべきことを知る

 

 

最後まで読んでくださって

ありがとうございました。

 

tamie7575.hatenablog.com

tamie7575.hatenablog.com

お題「私の師匠」

母って。

f:id:tamie7575:20170515082941j:image
たどたどしく ま ま だ い す き という手紙もらって君のママでよかった

 

 

 

 

ねぇ

「ま」ってどうやってかくの?

 

ねぇ

「ま」ってどうやってかくの?

 

ねぇ

「だ」ってどうやってかくの?

 

ねぇ

「い」ってどうやってかくの?

 

ねぇ

「す」ってどうやってかくの?

 

ねぇ…

 

 

 

私のいつものコーナーが
いつもは選ばない花の色に染まった。

 

その辺のお店にある
今の時期に溢れかえるその花が
空き瓶に投げ込まれただけのその姿。

 


それでも
君が(君たちが)いなかったら

私は母になることはなかった。


もし母にならなかったら

母が母だったことを
母は母ではなかったことを
母ではない人が母になっていくことを

母にはなれない人のことを
母にはならない人のことを

みんな母から生まれてきたことを


こんなにも考えただろうか。



真っ赤なカーネーション
真っ赤な薔薇よりも

今の私に合っている。

真っ赤な薔薇をもらったことはないけれど
真っ赤なカーネーションをもらえた私は

やっぱり母なのだ。


私が生まれて41回目の母の日。
君が生まれて12回目の母の日。


おかあさん ありがとう。


おかあさんのおかあさん ありがとう。


おかあさんのおかあさんのおかあさん 

ありがとう。

みんなのおかあさん ありがとう。

 

 

お題「今日の出来事」

お題「母の日」

青って。

f:id:tamie7575:20170509202817p:image
溶けてゆく空には青い雲がある青いゼリーの隙間にゼリー

 

青って

好きです。

 

空とか

海とか

 

そういうイメージが強いでしょうか。

 

湖とか

沼とか。

 

他にも

 

ジーンズとか

染付とか

 

そういう「青」も

好きです。

 

f:id:tamie7575:20170511184556p:image 

 

以前、『この色が好き』という

はてなブログのお題で

 

白が好き。という記事を書いたのですが

 

白の次は

青が好き。です。

 

青って

 

もともとは「あお」

緑色を含む寒色全体を指すようなことが

ずっと続いていたようです。

 

青信号とか青葉とか。

いわゆるBlueではなくても

と名前の付くものがありますね。

 

 

やまとことばの「あお」は

「しろ」「くろ」「あか」とともに

古くから色を表す ことば として使われてきていて

 

緑色から青緑青紫から紫色

場合によってはもっと暗い色

「くろ」と少し重なるような部分も

「あお」と言っていたとか。 (青毛の馬など)

 

地方によっては

黄色っぽい色も含むこともあったとか。

 

もともとの語源は「アフ(会う・合う)」

もしくはその連用形の

「アヒ(間=隣り合うという意味)」と関係していると言われていて

 

「アオ」は黒と白の「間の色」という意味合いではないかと言われているそう。

 

琉球では「アヒ(間)」

アイヌでも「アフ(会)」も

やまとことばと同じところから派生しているのではないかというお話。

 

インディゴブルーの藍色の「あい」も

もしかしたらもともとは同じかも。

 

f:id:tamie7575:20170511184617p:image

 

漢字の「青」は

緑色の意味合いが強く

青菜(チンツァイ)や青梗菜(チンゲンツァイ)とか。

 

中国で「みどり」というと

「青」という漢字で表すそうです。

 

ちなみに「あお」は

中国では「藍」。

 

面白いですね。

 

f:id:tamie7575:20170511184631p:image

 

青って

今でも

 

淡い色合いの空色や水色

濃い色合いの紺色や藍色なども含んで

 

そんな懐具合の深い色だからか

 

たくさんのものを

包んでくれるというか

吸い込んでくれるというか

沈ませてくれるというか

 

そんな気がします。

 

さみしいとき

疲れたとき

 

空や海の青を見ると

全部受け止めてくれるような。

 

青って

きれいですね。

 

f:id:tamie7575:20170511184647p:image

 

青って

映画だと思い出すのはこちら。

グラン・ブルー

 

 

そして音楽で思い出すのは

今井美樹さんの『Blue Moon Blue』です。

今井美樹 Blue Moon Blue Re-mix - YouTube

Blue Moon Blue

Blue Moon Blue

 

 

 

たゆたうような

海や空の あお

 

深く吸い込まれそうな

月の あお

宇宙の あお

 

青って

きれいです。

 

あお は あい あう いろ の いろ あいたくて
あお に あい に いく あお あい に あう

f:id:tamie7575:20170511230301p:image

あいいろともあいともいえぬいろをぬり
そこはどこまでBlue and Blue

 

『青』民生

 

 

お題「この色が好き」

tamie7575.hatenablog.com

 

 

うまれるって。

f:id:tamie7575:20170509195621p:image

 

なんのために うまれてきたの と きみは きく
ただ ここにいる そのためだけに

 

なんのために うまれてきたの と かんがえる
きみに あうため めぐり あうため

 

 

『うまれる』民生

 

 

部活って。

文化部も運動部でも それぞれに
やっぱり青春 楽しんでいこ

f:id:tamie7575:20170505143359p:image

 

部活って

してましたか?

 

どんな部活でしたか?

 

その時のこと

覚えてますか?

 

 

新年度

むすめが中学に入学し

いよいよ部活動が始まりました。

 

むすめの学校は特に事情がない限り

どこかの部へ所属しなければならない

という決まりが。

 

むすめはなんと

陸上部に入部することになりました!!

 

土日やこのGWも練習が入っていることもあり

必然的に例の かるた会 はお休みすることに…。

 

しばらく

百人一首の世界からは

離れてしまいそうな予感。

 

元気がないわけではなかったけれど

どちらかというと引っ込み思案で

インドア派だったむすめ。

 

積極的に自分からやりたいと言い出した

競技かるた はお休みするけれど

 

それでもまた自分で

やりたい!

と決めた陸上部も

 

一生懸命がんばってほしいなと

思います。

 

(ちょっとだけ『ちはやふる』の千早を思い出したりして。笑)

 

f:id:tamie7575:20170505143418p:image

▲スタート前。ほぼ最後尾から出発〜。

 

私はといえば元々

中学や高校でもいわゆる文化部。

 

小学校から金管バンドに入って

中学でも吹奏楽部でトロンボーンを。

 

高校では音楽系の部活ということで

邦楽部に入っていました。

 

邦楽部ではお琴を弾いて

ちりとてしゃん♪

なーんてやっていたわけです。

 

(実際は団体の演奏なのでもうちょっとガシガシ弾いていました。

優雅にというよりは合奏の要素が強かったですが。)

 

だからまさかこの歳になってから

こんなに走ったりするようになるとは

 

自分でも思ってもいなかったけれど…

 

f:id:tamie7575:20170505143432p:image

▲スタート前。ちらりと見た限り、ワラーチや裸足の人はいなかったような。

 

実はこのGWの5月4日。

人生初のハーフマラソンの大会に出場しましたー!

 

続けている運動

まだ続けていたのですよ〜。

 

1年ほど前は

むすめとポテポテ近所を走っていただけなのに…。

 

f:id:tamie7575:20170505143444p:image

▲右手奥にうっすら筑波山!恋ぞつもりて淵となりぬる〜。

 

部活動でもそうですが

何か大会など目指すものがあると

 

普段の練習にも熱が入るというもの。

 

自分のモチベーション維持にも

3月の10kmの大会の後に

 

次はハーフを?!

というわけでエントリーしておいたのでした。

 

f:id:tamie7575:20170505143454p:image

▲タイムは 2:14:46(ネットタイム 2:11:01)でした。

 

がしかし…

4月は体調などが整わず

 

4月までの最長距離は15km。

 

ぶっつけ本番のハーフマラソン

なってしまったわけですが…

 

無事 完走 をしました〜!

わーい!

パチパチパチ…。

 

1万人規模のこの大会

ハーフの部だけでも出場者は5801人。

 

スタートしてからずるずるゾロゾロと進み

前半はなかなか思うように進まず。

 

後半もひたすら続く河川敷と

残り5キロの噂の強風にも必死に耐えて

 

なんとかゴール。。

 

途中、唯一撮った

筑波山の写真が仇となり

 

いつも使っているナイキのアプリが

12.29kmの地点で止まっていました…。

ガーン…。

 

なので距離はあと9km弱足りていないのですが

私のランニングの密かな(全然密かでもない)

 

東海道五十三次の距離を走る!

という目標は

f:id:tamie7575:20170505143959j:image

350.7kmに到達!!

 

現在の名古屋市

熱田宿を通過したところとなりました。

 

次の宿場は三重県の桑名。

ようやく三重県に上陸です。

 

毎月毎月のランニングが

もっと走れていれば

もっと早く京都まで到着できるのでしょうがね〜

(って仮想五十三次なのでいつでもいいのですが。)

 

まぁこちらもぼちぼち

マイペースでいきたいと思います。

 

 

むすめが陸上部を選んだのは

 

「走るの楽しい!気持ちいい!」

 

そんな気持ちからみたいだけれど

 

昨年からときどき一緒に走ったり

ときどき私のランニングに自転車でついてきてくれたり

 

そんな中でそんな気持ちが

芽生えてきていたとしたらうれしい。

 

部活って

大変なこともあるけど

やっぱり何かのチカラにはなる。

 

部活って

普段の生活とはまた少し違う世界を味わえる。

 

むすめの始まったばかりの部活動生活に

自分の部活時代を思い出しつつ

 

部活みたいに目標を持って

運動も続けられたらなと

 

そんなことを思ったり。

 

次の目標は

どんな感じがいいでしょうね?

 

続けている運動

まだまだ続くのでした…。

f:id:tamie7575:20170505143508p:image

この後ね 部活終わって待ってるよ
一緒に帰る それだけのこと

 

 

いつも読んでくださって

ありがとうございます☺︎

 

▼続けている運動のエントリはこちら。

tamie7575.hatenablog.com

tamie7575.hatenablog.com

tamie7575.hatenablog.com

tamie7575.hatenablog.com

tamie7575.hatenablog.com

お題「部活動」

お題「続けている運動」

 

たとえばって。

 

できること ひとつ してみる だけで いい
たとえば いっぽ あしを だすとか

できること ひとつ してみる だけで いい
たとえば そらの つきを みるとか

できること ひとつ してみる だけで いい
たとえば だれか あいして みるとか

f:id:tamie7575:20170504041535j:image

『たとえば』民生

すずらんって。

その おと は きみの みみ には とどくかな
ちいさな ちいさな すずらん の おと

f:id:tamie7575:20170501075723p:image

 

今日 5月1日は

すずらんの日

なんだそう。

 

フランスの Jour de muguet という風習で

 

たいせつな人にすずらんの花を贈る

そういう日だそうですよ。

 

贈り物って

お互いを思いやる気持ち。

 

そんな気持ちを

すずらんに込められたら

素敵です。

 

小さな鈴が

そっと鳴りますように。

 

 

お題「今日の出来事」