読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日月のうた

三十一文字とそれにおさまりきらないこと。「ことば」について考える日々。記事のタイトル≒短歌のお題 です。

わたしって。

ことば 言葉 短歌

f:id:tamie7575:20170326230722j:image

ほんとうの わたしは どこに いるのかな あのとき いつか さがそうとした

 

あのときの だれにも いえず ひとりきり すごした ひび は とおい かこ のこと

 

ただ わらう ただ そばにいる それだけの ひとが いてくれたら よかったの

 

わたしから わたしへ おくる うたが ある なぐさめる こと だきしめる こと

 

だいじょうぶ もう だいじょうぶ あしたから また まえを みて ここで みてるから

 

『わたしからわたしへ』民生

裸足って。其の三。~ワラーチを作るよ。前編~

健康 日々のこと 短歌

 君の足の裏見せてよ足の裏そう見せてその心臓の裏

f:id:tamie7575:20170326160721p:image

 

以前の記事〜ワラーチって何なのさ。材料編〜では

 

ワラーチという手作りのサンダルの

材料をそろえたところまでお伝えしました。

 

今回はいよいよ!

ワラーチ作りの模様をお伝えしようと思います。

 

 

tamie7575.hatenablog.com

 

 

と、その前に!

 

材料を少しずつ揃えていく中で

どうやら靴の中底部分にあたる「ペレマット」が

 

履いているうちに

「足の裏が黒くなる」という情報を目にしてしまい…

 

それ、困りますねぇ。と思っていました。

 

ペレマットだけでなくビブラムソールも

いわばゴムのような素材なのですが

(詳しいことはイマイチ分からないけど…)

 

ペレマットというのは若干

スポンジのような少しクッション性のある素材なのです。

 

そのスポンジみたいな感じが

少し落ちてくる???

f:id:tamie7575:20170324215651j:image

▲5mmの厚さのペレマット。硬いスポンジみたいな感じ。

 

というわけで

せっかく仕入れたペレマット。

 

そのまま使うのは足の裏が黒くなっても気にしない!という

むすこ用に。。

 

そして、材料を仕入れている間に

「わたしのも!」と言ってきたむすめにも

ワラーチをカスタマイズすることになりました。

 

前回の材料でもちろんOKなのですが

 

追加として

むすめ用にスエードの革を。

f:id:tamie7575:20170324215803j:image

▲ペレマットの上に貼り付ける。

 

そして

ペレマット+ビブラムソール が

思ってたより厚みがあるな…

と思った私用に

 

同じビブラムソールと

新たにビブラム半張板(薄いけれどこれも靴底用)を用意しました。

 

f:id:tamie7575:20170324215925j:image 

▲色はこげ茶をチョイス。上がビブラムソール。下がビブラム半張板。これもソールっちゃソールなんですが。

f:id:tamie7575:20170324220123j:image

▲ビブラム半張板はこのぐらいの薄さ。

 

共通のビブラムソールはどれも8338という

厚さ7mmのもの。

 

ペレマットは厚さ5mm

スエード革は約2mm

ビブラム半張板も約2mm

といったところ。

 

ほんのミリ単位の差ですが

一番厚みがあるのがむすめ用

一番薄いのが私用。

 

計3足のワラーチを作ることに!!

大丈夫か私?!

 

山田 ビブラムシート 8338 黒 2枚入

山田 ビブラムシート 8338 黒 2枚入

 

 

▲ちなみにこのビブラムソールだけでワラーチを作る、という方もいらっしゃるようで。

 

 

ではではお待ちかね

さっそく作業に取りかかりたいと思います。

 

ちゃんとできるでしょうか…。

 

1) まず足型を取る。

f:id:tamie7575:20170305154548j:plain

あー、ごめんなさい…こんな足で。

できるだけ、ぐっと踏ん張って足に体重をかけた状態で、鉛筆などでぐるっと足の周りをなぞります。

 

ちょっとだけ『言の葉の庭』を思い出すのは私だけ?

 

 ▼ひとまず形を取ったところ。

f:id:tamie7575:20170324121225j:plain

▲足の親指と人差し指(第二指)のつけ根と足の両脇のそれぞれ一番凹んだところに

印を付けておきます。

あとで鼻緒を通す穴を開けるところです。

 

2) 輪郭に沿って形を整える。

▼両脇の凹んだところは少しそこを補うくらい膨らませ気味に。

f:id:tamie7575:20170324121241j:plain

 

3) ビブラムソールに型を写す。

型を切り抜いて周囲をなぞる。ビブラムソールが黒いので、よく分かるPOSCAで。極細!ラメ入り!むすめのお絵かき用!

f:id:tamie7575:20170324121510j:plain

 

4) 写した線に沿ってカッターで切り抜く。

f:id:tamie7575:20170324121603j:plain

私はそんなにか弱い方ではないと思うのですが…ビブラムソールはそれなりに厚みがあって硬く、まずは線に沿って縁取るように切り込みを入れて何度かグルグル(4周ぐらい?)。ようやく切れました。

勢い余って手などを切らないように注意が必要です。

f:id:tamie7575:20170324121616j:plain

▼やったー!それっぽい!!

f:id:tamie7575:20170324121626j:plain

 

5) ボンドを塗る。

f:id:tamie7575:20170324121643j:plain

 ▼よく伸ばして…

f:id:tamie7575:20170324121654j:plain

 

6) ペレマット(orビブラム半張板)とくっつける。

f:id:tamie7575:20170324220400j:image

▲むすこのペレマットは余る!もう1足作れる!

f:id:tamie7575:20170324121712j:plain

▲半張板も余る!もう1足作れる!って何足作るんじゃーい。

 f:id:tamie7575:20170324220549j:image

 ▲▼むすめのはペレマットにスエード革を貼り、さらにビブラムソールを貼る。

f:id:tamie7575:20170324220643j:image

 

7) ボンドで貼り付けたら、しっかりボンドが乾くまで重しなどを乗せて1晩おく。

f:id:tamie7575:20170324220924j:image

▲革とペレマット。むすめのはこれにビブラムソールを貼り付ける。

 

8) くっつけたビブラムソールの形に沿って切り抜く。

f:id:tamie7575:20170326065819j:image

▲ペレマット+ビブラムソール。

f:id:tamie7575:20170326065843j:image

▲半張板が思いのほか硬い!!

f:id:tamie7575:20170326065853j:image

▲うーん…なんとか切り抜きました。

 

(※ご参考までに。それぞれをくっつけてから型を抜くという方法もあって、その方がきれいに切り抜ける、ということもあるかもしれませんが、ビブラムソールが結構硬いことを考えると、あまり力のない人は一枚ずつ切り抜いた方が良いような気もします。)

 

f:id:tamie7575:20170326075152j:image

▲ペレマットと付けて切り抜いたところ。

f:id:tamie7575:20170326075204j:image

▲半張板を付けたもの。

 

ところで

これらを切るカッターですが

私はこちらのOLFAを使用。

f:id:tamie7575:20170326075108j:image

一般的な紙を切るものより厚手のものも切りやすく

怪我をしないためにもやっぱり道具は大事。

 

というわけで

《今回使った道具&これから使う道具 》はこちら。

f:id:tamie7575:20170324121259j:image

・カッター板

・カッターナイフ

・ボンド(G17)

・ドライバー(プラスとマイナス)→これから使う。

f:id:tamie7575:20170326135000j:image 

・チャッカマン→テープの端を溶かす処理に使う。

・はさみ→テープを切る。

f:id:tamie7575:20170326135058j:image

上から

(・穴あけポンチ(5mm) →※穴をあけるために使う予定だったけど使わなかったやつ。)

・トンカチ→のみを打ち込むために使う。

・のみ→テープを通す穴を開ける。

f:id:tamie7575:20170326135214j:image

・電動ドリル穴あけポンチで穴が開けられなくて使用。

 

 とこんな感じです。

 

今回は足型を取り、ビブラムソールやペレマットをボンドでつけて、

型どおりに切り抜くところまででした。

 

次回はいよいよ

ソールに穴をあけて紐を通して完成させます。

続く……。

 

tamie7575.hatenablog.com

tamie7575.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東海道五十三次って。其の二。

健康 日々のこと 短歌
いつか着く いつか着くから 一歩一歩
進み続ける ただ前を見て

f:id:tamie7575:20170325224157j:image

 

以前、ランニングを始めてからの目標に

東海道五十三次の距離を走りきれたらな

っていう記事を書きました。

 

今回は

その途中経過をご報告。

 

f:id:tamie7575:20170325224452j:image

チャカチャーン♪ って変な効果音付き。

 

今日

自分自身の最長距離を更新し

f:id:tamie7575:20170325225701j:image

昨年9月に割りとマジメに

ランニングを始めてからの合計距離

270.6kmになりました。

 

今月はもう52kmも走ってる!

がんばってる私!!

 

ということは…

東海道五十三次「新居」(あらい)

というところに一番近くなったことになるようです。

 

旧国名遠江国

現在の静岡県湖西市新居町新居というところ。

 

東京・日本橋から270.8km

31番目の宿場だそうです。

 

31?!

東海道五十三次って宿場が53個ですよね?

 

ということは…

もういつの間にか

半分は過ぎていたことになります。

 

おー

がんばってるー!!

↑誰も言ってくれないのでまた自分で言う。

 

というわけで、

続けていたら

きっといつか京都に着きますよ!!

 

 

そうそう、

裸足って。其の二。という記事での

ワラーチというサンダル作りも

着々と進んでいます。

 

もうしばらくお待ちくださいね。

今日はこの辺で。

 

東海道五十三次カードのことなど。最近ちょっとお茶漬けは飽き気味。

tamie7575.hatenablog.com

tamie7575.hatenablog.com

お題「続けている運動」

健康って。其の二。

ことば 健康 日々のこと 短歌
もういちど あいたいと おもう ひとがいる
げんきな うちに あいたいと おもう

f:id:tamie7575:20170324133354j:image

 

以前、健康って。という記事を書いたとき

 

病気になった友人がいて

何もできないでいる自分がいて

 

何ができるだろうかと考えていました。

 

それから

手紙を書いたり

メッセージを送ったり

 

そのぐらいしかできなくて

 

途中、術後の経過があまり良くないと聞いたときにも

祈ることしかできないでいたのだけれど

 

今日、その友人の退院の報告を聞いて

少しほっとしました。

 

 

健康って

当たり前じゃない。

 

何度も心に刻む。

 

元気でいられること

また明日ね、って言えること

 

約束を果たせること

約束ができること

 

当たり前じゃないんですよね。

 

健康って

本当はスペシャルで

すごいこと。

 

 

今日の『ほぼ日刊イトイ新聞』の糸井重里さんのメッセージは

奇しくも

 

人生はそんなに長くないから「やりたいことをやろうよ」

というようなお話でした。

ほぼ日刊イトイ新聞

 

やりたいことがあっても

健康じゃなかったらできない。

 

短いと頭ではわかっていても

なんとなく過ぎていく毎日。

 

でも

 

健康って

当たり前じゃないし

そんなに人生も長くない。

 

しっかりそのメッセージを受け取って

また少しずつ

一歩進みたいと思います。

 

f:id:tamie7575:20170324134203p:image

生きているうちになんでもしてみよう
時間はそんなにたくさんはない

 

今日も読んでくださって

ありがとうございました。

お題「健康」

お題「今日の出来事」

tamie7575.hatenablog.com

卒業って。

ことば 日々のこと 百人一首 短歌 季節
卒業という言葉におされ また進む
ひとりひとりの一歩一歩

 f:id:tamie7575:20170322171330p:image

 

今日は

むすめの小学校の卒業式でした。

 

昨日の雨はどこへやら

青空の下で最後のランドセル姿。

 

むすめは……

かるたクイーンみたいな袴姿に憧れていたのだけれど

 

学校の関係でワンピースにジャケットで式に参加。

鞄はランドセルが指定。

 

それでも

式のあとで校庭に集まったお友だちと並んだ後ろ姿は

貴重な一枚になりました。

 

別の中学校へ行くお友だちや

クラスのお友だちに向けて

 

むすめが選んだメッセージはこちら。

 

 

瀬をはやみ岩にせかるる滝川の
われても末に逢はむとぞ思ふ

      (崇徳院  小倉百人一首77番)

 

 

あぁ

そうだね。

 

きっと別れても

またいつか逢える。

 

そう思ってがんばろうね。

 

f:id:tamie7575:20170322172135p:image

 

卒業って

お別れのとき。

 

卒業って

新しいスタート。

 

それでも

ともに歩んできた人たちと

 

またいつか逢える

またいつか会おうね

 

そう思って進む一歩。かな。

 

f:id:tamie7575:20170322172247p:image 

うぐいすが呼ぶ春の日のよろこびの
旅立つ吾子の背中おしつつ

 

昨日、今年初めて鶯が鳴くのを聞きました。

春ですね。

 

今日も読んでくださって

ありがとうございました。

 

 

 

お題「卒業」

お題「今日の出来事」

雨って。

ことば 短歌 季節
またすこし はるが ちかくに やってきて
ぽとり ぽとりと おきてがみ のこす

f:id:tamie7575:20170321061843p:image

またすこし るすに するから げんきでね
ぽとり ぽとりと けさは あめです

 

『春の雨』民生

マクロレンズって。

植物 季節 短歌 日々のこと 読書
ぐんと近く 今にも触れそうな距離で
君を見つめる ほうとため息

f:id:tamie7575:20170320195748p:image 

 

先日発売された雑誌『BE-PAL』4月号を

買いました。

 

f:id:tamie7575:20170320195500j:image

 

お目当てはこちら!

f:id:tamie7575:20170320195517j:image

ふふふー。ドラちゃんの

ワイド&マクロ フィールド・スマホレンズ」!!

 

スマホタブレットに付けられる

クリップ型のレンズです。

 

 

以前から100均にもあるなどと話題で

気になってはいたものの…

 

ドラえもんにつられてというわけではなく(?)

広角とマクロ2つのレンズがくっついているんです。

f:id:tamie7575:20170320211535p:plain

くるくると広角レンズを外すとマクロレンズになります。

 

というわけで…

f:id:tamie7575:20170320195703j:image

▲家の照明のせいかビミョーな色。

 

今日 ランニングに行く時に

さっそく持って出かけました。

f:id:tamie7575:20170320195714j:image

▲実際の色はこんな感じ。

 

いつもランニングのときはスマホ以外持たず

ポーチなどもないので

こんな風にパンツのポケットにはさんで。

 

いいのかな。

まぁでもドラちゃん!いい感じ。

 

使っているiPhone6s

スマホながらになかなかキレイに写真が撮れて

いいなと思っているのですが

 

草花の写真を撮ろうと思うと

接写には限界があって

 

うーん、と思っていたのです。

 

というわけで

マクロレンズの使い心地…どうでしょう?

 

 f:id:tamie7575:20170320200942p:image

▲普通にiPhone6sで撮った桜。たぶんコヒガンザクラ

 

コヒガンザクラソメイヨシノより早く咲く

ちょっと小ぶりのピンクが濃いめの桜です。

 

マクロレンズを着けると…

f:id:tamie7575:20170320201430p:image

▲かなり寄れる!おしべとめしべ!

f:id:tamie7575:20170320201446p:image

▲花びらのスジの模様まで見える!

 

他のお花はどうでしょう。

f:id:tamie7575:20170320201810p:image

タンポポもうんとそばで。なんだかもしゃもしゃしたものが!

 

f:id:tamie7575:20170320201843p:image

マクロレンズがあったらいいなと思っていたオオイヌノフグリ

 

f:id:tamie7575:20170320201918p:image

ソメイヨシノのつぼみも。

f:id:tamie7575:20170320201944p:image

▲開花まであともう少しですね。

 

f:id:tamie7575:20170320202013p:image

▲あのぺんぺん草も。

f:id:tamie7575:20170320202042j:image

▲見落としてしまいそうな小さなお花がよく撮れるのはうれしい。

 

f:id:tamie7575:20170320202138p:image

▲夢中になって撮っていたらタイツに付いた!ひっつき虫(コセンダングサ)

 

今日は風が強くて

お花がぶるぶる震えてしまって

なかなかピントを合わせづらかったのですが

 

10倍の接写ができるといわれる

この付録のマクロレンズ

すごく楽しい!

 

ちなみにワイドレンズで撮ったものがこちら!

f:id:tamie7575:20170320203829p:image

▲うん。ピントがずれてる!

 

というわけで

広角レンズの使い心地は

またの機会に。

 

こちらのレンズを使った写真の

BE-PALセンス・オブ・ワンダー写真コンテスト

というのも4月10日まで開催されています。

http://BE-PALセンス・オブ・ワンダー写真コンテスト

 

いつもとちがう目線で撮った写真

応募されてみるのもいいかも。ですね。

 

 

デジカメがなくてもちょっと撮りたい時

 

マクロレンズって

とっても便利で楽しい!

 

またお出かけに持っていこうっと。

 

 

BE-PAL(ビーパル) 2017年 04 月号 [雑誌]

BE-PAL(ビーパル) 2017年 04 月号 [雑誌]

 

 

 

お題「今日の出来事」

お題「ケータイと私」

お題「カメラ」